ほうらいの海翡翠―西原無量のレリック・ファイル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784041100387
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

天才的な遺跡(レリック)発掘師・無量の事件が幕を開ける!

西原無量は天才的な若き遺跡発掘師。上秦古墳での発掘調査中、文化庁職員の幼なじみ・忍と再会するが、数日後、発掘を取りしきっていた三村教授が死体で発見される。この事件を、無量は解き明かすことができるのか?

内容説明

西原無量は、天才的な若き遺物発掘師。上秦古墳での発掘調査中、文化庁のエリート職員となっていた幼なじみの相良忍と約十年ぶりに再会するが、その夜、発掘を主導していた三村教授が死体で発見される。その死には、上秦古墳から無量が発見した“蓬莱の海翡翠”と呼ばれる緑色琥珀が、大きくかかわっているらしい。しかも忍らしき男が、その殺害現場から立ち去るところを目撃されていて―。

著者等紹介

桑原水菜[クワバラミズナ]
千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。「風駆ける日」で1989年下期コバルト・ノベル大賞読者大賞を受賞後、90年『炎の蜃気楼』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。