ドラゴンランス レイストリン戦記〈2〉魂の剣〈下〉

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

ドラゴンランス レイストリン戦記〈2〉魂の剣〈下〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月18日 07時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 407p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784041094853
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

世界数千万部の傑作ファンタジー巨編「ドラゴンランス(戦記)」の待望の前日譚を初邦訳!

ウェイレスの〈上位魔法の塔〉に招かれた双子の兄弟――
「ドラゴンランス」シリーズの最大の謎の1つである、〈双子の大審問〉の真実の全容がついに明かされる! 
そこでの戦慄の事件が、双子と世界を決定的に変えた!!

「魔術師の〈枢密会議〉はずっと〈大審問〉の性質を秘密とするよう命じてきた。だが、レイストリンの“死”後、彼についてある種の馬鹿げた有害な噂が流れはじめた。(中略)したがって、キャラモンはレイストリンの〈大審問〉を簡略に記した話を書き、それは〈双子の大審問〉の名で知られるようになった。その物語も基本的には真実だが、実際の出来事はそこで描かれたものとは大きく異なることが、本書によりよくわかるだろう。」(クリンの歴史家アスティヌス)

【主人公】レイストリン・マジェーレ:双子の弟で、種族は人間。兄が男前で頑健なのに比べ、幼い頃から体が弱く、内省的で、弱い者いじめにあう。それゆえ兄に守られ、兄を頼らざるをえないが、同時に自分の弱さを呪い、兄への複雑な感情を抱く。仲間から信頼されず、好かれもせず、陰険で冷たい人間と思われがちだが、その虚弱さゆえに、心の底では弱き者への思いやりを育てている。そんな彼が自分の存在意義を感じられ、救いを感じられるもの――それこそが「魔法」の研究だった。


※本書は、電子書籍で刊行中の下記『【合本版】ドラゴンランス 全25巻』には含まれていない、新規邦訳作品になります。
●『【合本版】ドラゴンランス 全25巻』とは?
原著者注釈付きドラゴンランス(戦記)・原著者注釈付き伝説~魂の戦争・秘史までの全巻セット(外伝ネアラ2巻を含む。後発の「レイストリン戦記」は除く)。

内容説明

傑作ファンタジー巨編「ドラゴンランス」の待望の前日譚を初邦訳!ウェイレスの“上位魔法の塔”に招かれた双子の兄弟―「ドラゴンランス」シリーズの最大の謎の1つである、“双子の大審問”の真実の全容がついに明かされる!そこでの戦慄の事件が、双子と世界を決定的に変えた!!

著者等紹介

ワイス,マーガレット・エディス[ワイス,マーガレットエディス] [Weis,Margaret Edith]
1948年3月16日生まれの米国の小説家。ファンタジーとサイエンス・フィクションの分野で多数の小説や短編を執筆。トレイシー・ヒックマンとともに、ダンジョンズ&ドラゴンズの「ドラゴンランス」世界を創造した、初期からのクリエイターの一人でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

garakuta@読書とゲームの愛好家

18
主人公たちも格好が良いけれど。上位魔法の塔のパーサリアンとかも、渋い。特に大審問の場面が感動的だ。原書も読みたいと思った。読み終えて魅惑的なアメリカに益々恋焦がれてしまいました。マーガレット・ワイスも、TSRd明けに拘らず自分の出版社を設けるなどして、波乱万丈な人生をお過ごしですからね。マダマダ長生きをして色々な本を書いて欲しいですね。2021/11/17

ルシュエス

13
「大審問」へ。 レイストリンの肌の色や瞳の謎、双子の兄に手を掛けた状況が明らかに…。 その前にちょっと仲間で冒険していて戦記が懐かしくなります。 口述でギルサナスや、タニスの髭にも触れててニヤリとしてしまう。 タッスルの何でも楽しめる感が相変わらずいいなぁ。 レイストも傲慢で癇癪持ちだけど、基本は礼儀正しくて弱いものには優しいですよね~…。2022/01/23

Kazuya Nakagawa

7
キティアラの助言はほとんど当たってる。やっぱ凄い女やわ。2021/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18841259

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。