角川文庫<br> 新訳 ナルニア国物語〈4〉銀の椅子

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

角川文庫
新訳 ナルニア国物語〈4〉銀の椅子

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月07日 23時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 281p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041092514
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

「ポケットに入る『ナルニア国』です! どこへでも連れていけます。」恩田 陸さん(作家)

【全世界1億2千万部! カーネギー賞受賞シリーズ第4弾】
児童文学の金字塔!
新訳&挿絵付
装画・挿絵:ソノムラ

※本書は、既刊の角川つばさ文庫版の表記や表現を大人向けに【【大幅に】】加筆修正し、全ての漢字にふられていたルビをへらしたものです。

●あらすじ
ユースタスといじめられっ子の同級生ジルは、アスランに呼び寄せられ、ナルニアへ。今ではすっかり年老いたカスピアン王の行方不明の王子を捜しだすよう命じられる。2人は手掛かりとなる“4つのしるし”を与えられるが…。フクロウ会議、巨人の都、地下の国――根暗すぎる男、沼むっつりを案内人にして、史上最高に危険な冒険が始まる! 本当に大切なものとは何か? カーネギー賞受賞シリーズ第4弾。心にせまる名作を新訳で!

内容説明

ユースタスといじめられっ子の同級生ジルは、アスランに呼び寄せられ、ナルニアへ。今ではすっかり年老いたカスピアン王の行方不明の王子を捜しだすよう命じられる。2人は手掛かりとなる“4つのしるし”を与えられるが…。フクロウ会議、巨人の都、地下の国―根暗すぎる男、沼むっつりを案内人にして、史上最高に危険な冒険が始まる!本当に大切なものとは何か?カーネギー賞受賞シリーズ第4弾。心にせまる名作を新訳で!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mariya926

117
小学生の時に母に勧められ読み始めたシリーズ。しかしこの巻からはあまり覚えていないのです。蛇に咬まれ亡くなった母親の仇を取るために行方不明になってしまったカスピアンの息子。その息子を探すのが今回の任務です。やっぱりあの蛇が悪魔(サタン)なんですね。騙し方とか同じですし。ジルもアスランが覚えておきなさいというのを忘れてしまいますし。それは神様が私たちに特別くださっているみことばだと解釈しました。子どもの時はドキドキワクンクと読めて、大人になったら深い解釈を探り出す楽しみがありますね(聖書の知識が必要ですが)2021/05/19

葵@晴読雨読

27
面白かった(•‿•)ユースタスとジルがナルニアへ。本を読みながら想像の翼をはためかせました!2021/03/11

ヒサ子。

5
今回は、ジルがしっかりと主人公している冒険譚で、いまののところ、シリーズで一番楽しかった。王道をいってくれて、ストレスなく読めたヽ(`▽´)/ 役者のあとがきにある、四つのしるしの解釈についても興味深かったです。(わたしは読んでいて、二つ目と三つ目のしるしが、なぜしくじったことになっているのか、まだよく理解できていない)2021/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17292893

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。