角川文庫<br> 正義の翼―警視庁53教場

個数:
電子版価格
¥792
  • 電書あり

角川文庫
正義の翼―警視庁53教場

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月16日 22時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 384p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041090800
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

府中市内で警官殺し発生! 人気シリーズ第4弾!

内容説明

平成31年4月1日。秋に警視庁捜査一課に復帰予定の五味にとって、最後の教え子となる学生が入校してきた。その夜、府中市内で交番襲撃事件が発生。警官1人が殺され、五味教場の卒業生も重傷を負った。五味は場長の深川が事件当夜、学校を脱走していたことを知る。犯行とは無関係とされたが、これをきっかけに、過去になく団結していた53教場に綻びが生じ―。果たして犯人の正体は!?教場の行方は!?人気シリーズ第4弾。

著者等紹介

吉川英梨[ヨシカワエリ]
1977年、埼玉県生まれ。『私の結婚に関する予言38』で第3回日本ラブストーリー大賞エンタテインメント特別賞を受賞し、2008年に作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

utinopoti27

143
交番で刺殺された「模範的なお巡りさん」と、五味京介率いる53教場をカオスに引きずり込む「優等生」。シリーズ4作目にあたる今回は、これら概ね2つのシナリオで進行する。そして偽善者の仮面が剥がされ、彼らの素顔が露わになった時、五味は、警察組織はどう対応するのかが読みどころだ。権威におもねり、ひたすら保身に走る幹部。本音と建て前を狡猾に使い分ける学生たち。警察官の矜持とはいったい何なのだろうか。作者の筆は、本作を通して人間の醜悪さを容赦なく曝け出してゆく。シリーズ随一とも言える深みのある人間ドラマを堪能した。2022/01/03

タイ子

90
シリーズ第4弾。五味教場ではこれまでにもいろんな事が起こりその都度第三者的な感覚で読むことが出来たけど、ここに至ってはこの腹立たしさをどこにぶつけようか、胸くそ悪いのをどこにおさめようか何とも言えない読了感。五味教官が捜査一課に復帰前の最後の教場。これまでにない団結さをみせる教場、学生をリードする場長は公安委員の息子。誰にも好かれる交番の警官が殺される事件が起こり、教場に関係あるのか?一気に反転するストーリーに唖然!怒涛の展開の中、胸の内がザワザワ、ぞわぞわ、いたたまれない。人間の欲望が醜すぎる。2020/01/23

ゆみねこ

73
捜一に復帰予定の五味、最後の教え子となる1300期の生徒たちが入校してきた。その夜府中市内で起きた交番襲撃事件、警官が殺され五味教場の卒業生も怪我をした。1300期は場長を中心にかってないまとまりの良さを見せるが、様々な問題が表面化する。交番襲撃の犯人を追う綾乃、生徒たちを徹底して守ろうとする五味と高杉。シリーズ最悪のモンスターと対峙する五味。今作も面白くて一気読み。2024/02/14

Yunemo

67
呆気にとられたまま読了です。まさか深川みたいな人物像が実際にいるのか、と想いながら。でも問われれば、現実的な事件の中にいるんですよね。身近なところにいなくて、ホッとしている自分と、直接的に係り合いがないだけで隣にも、というある意味恐怖心も募って。特に表面的には賞賛に値する行動をしている人たちこそ、という想いに。本作、いろんな要素が散りばめられていて、特に歴代の学生の成長と五味、高杉、綾乃、結衣それぞれの人間的成長とがうまく噛み合って、展開する運びに羨ましさを感じながら。人と人を結び付けてる絆、その大切さ。2020/02/02

えりこんぐ🐤

66
シリーズ第4弾。交番警官が襲撃され、五味の元教え子も被害に遭う。この事件も嫌な話だけど、今回は53教場最大のピンチ! 帯にある通り、絶対に警察官にしてはいけない人物との対決。どんどん明らかになるおぞましさに、夢中になって読んでしまった。五味&高杉コンビ最高! 面白かった(*⁰▿⁰*) 時折挟まれる、綾乃ちゃんとのプライベートにニヤニヤ😆優男ですやん【積読30】2020/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14982671
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。