角川文庫<br> ゴーストハント〈2〉人形の檻

個数:

角川文庫
ゴーストハント〈2〉人形の檻

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 409p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784041082010
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

古い瀟洒な洋館で頻発するポルターガイスト現象。なぜかまたもや合流することになった霊能者軍団とともに、さっそく調査を開始したSPR一行。そんな彼らを嘲笑うかのように、怪しい物音やポルターガイスト現象は激化する。やがて麻衣は、一家の一人娘・礼美の持つアンティークドールが不穏な気を放っていることを察知し、ナルは家を覆う悪意を科学的に執拗に調査してゆく。小野不由美のホラーの原点といえる傑作!

著者等紹介

小野不由美[オノフユミ]
12月24日、大分県中津市生まれ。京都大学推理小説研究会に所属し、小説の作法を学ぶ。1988年作家デビュー。『残穢』は13年第26回山本周五郎賞を受賞。20年「十二国記」シリーズが第5回吉川英治文庫賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミュポトワ@猫mode

170
ゴーストハント 2巻読了しました。つか、幽霊出てきちゃった…俺の1巻目の感想…wニュアンスですねって言ったの鼻で笑われた感じw何言ってんだ、コレ読んで怖がれって言われてるみたい。つかさ、1巻でこれはジャブって言ったのマジでさ、2巻目読んだらクロスカウンターぶち込まれたみたいに怖いわけさ。怖いけど続きが気になって、ドキドキしながら読みました。小野先生のホラー結構読んできたつもりだけど、こういうのもいけるのね。初版がX文庫だからドロドロ系ではなく、ガツって怖いものなんだろうけど、それはそれで楽しめました♪2020/09/22

しゅう

133
1巻に続き、一気読み。前巻よりホラーでした。人形は怖いです。私は小さい時から人形が苦手でフランス人形、日本人形、こけし、バービーすら駄目です。40代になっても怖い。なので、すごく怖かったです。しかし、知的解釈、登場人物のコメディタッチなやり取り、恋も絡んで、怖さの緩衝材になっていて、怖くてもグイグイ読めました。すっきり解決するのも良かったです。続巻の発売が楽しみです。小野さんは「屍鬼」以来久しぶりですが、面白い。「十二国紀」も行くべきかな?2020/08/08

セウテス

100
【ゴーストハント シリーズ】第2弾。古い屋敷で起こるポルターガイストの相談に、ナルたち3人が出向くと、そこには前作で出会った拝み屋の2人が居た。今回は本物の霊障であると判るのだが、強い霊でありエクソシストのジョンと霊能者の真砂子も加わる。色々なパーツ、ミステリの伏線と思われるものが、少しずつ見えてくる。オカルト的な知識は、ナルたちから各々教えて貰えるのだが、私には肝心の経験が圧倒的にないので推理にはならない。今回も麻衣の心の声、つっこみやボヤキ、優しい感情だったりを楽しめるが、麻衣の夢は何かの能力なのか。2022/03/09

ぴよこ

94
いやいやぁさすがですね〜簡単には終わらない。そして、もー読みやすいので要するに一気読みでした!ナルやリン、ぼーさん、ジョンいーキャラだ!面白かった。3はあるのかなぁ?2020/11/28

sin

92
違和感の積み重ねに耐えかねての依頼にお屋敷に集った日から強烈なポルターガイストの顕現、そして明かされる8才で亡くなる子供たちの因縁とくれば怖くない筈がない。それなのに怖くない。勿論、部分的に切り取れば最恐であるのに…?何故なら前回の案件が初顔合わせで縁もゆかりも無い筈のあのメンバーが奇しくも再度勢揃いしたから!作中の怪異が理性的に分類され評価されていくから!信頼のおけるチームで解き明かした謎に対処する。これはもうオカルトではなくエンターテイメントではないだろうか?解釈が穿ち過ぎて恐怖の入り込む余地がない。2020/08/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15365553
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。