角川文庫<br> 鏡地獄

個数:
電子版価格
¥836
  • 電書あり

角川文庫
鏡地獄

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 416p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041079324
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

少年時代から、鏡やレンズ、ガラスに異常な嗜好を持ち、それが高じてついには自宅の庭にガラス工場まで作ってしまった男がたどる運命は……(「鏡地獄」)。表題作のほか、 「人間椅子」「人でなしの恋」「芋虫」「白昼夢」「踊る一寸法師」「パノラマ島奇談」「陰獣」という、乱歩の怪奇・幻想ものの傑作・代表作を選りすぐって収録。編/解説・日下三蔵

内容説明

少年時代からレンズや鏡に異常な嗜好を持ち、ついには自宅の庭にガラス工場まで作ってしまった男。ある日、その男の実験室に、内部から笑い声のような唸りが響く不思議な玉が出現する…(「鏡地獄」)。表題作のほか、未亡人が語る怪異譚「人でなしの恋」。夫婦の歪んだ愛の形を描いた「芋虫」。「人間椅子」「踊る一寸法師」「パノラマ島奇談」「陰獣」など、乱歩の怪奇・幻想小説の傑作8編を選りすぐって収録。

著者等紹介

江戸川乱歩[エドガワランポ]
1894年三重県生まれ。早稲田大学卒業。雑誌編集、新聞記者などを経て、1923年「二銭銅貨」でデビュー。以後、探偵小説を次々発表。怪奇小説、幻想小説にも優れた作品が多い。代表的なシリーズに、「怪人二十面相」「少年探偵団」などがある。日本の小説界に多大なる業績を残す。65年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

A.T

30
新潮、岩波、創元推理文庫…と乱歩の短編集は数多く出ているが、今回は角川版。タイトルでは短編集とわかりにくいし、この表紙絵の軽薄さは何だろう。どす黒いほどのエログロ、倒錯の愛を含んだ怪奇幻想の世界が1ページでも読めば押し寄せてくるのに、、、このアッケラ感としたアニメ柄。まぁ、余談はいいとして十数年ぶりの乱歩を堪能した。「人間椅子」「鏡地獄」「人でなしの恋」「芋虫」「白昼夢」「踊る一寸法師」「パノラマ島奇談」「陰獣」。「屋根裏の散歩者」が抜けてるのが残念。2020/05/22

Yuri

19
登録忘れ。8編全て既読作ですが、表紙絵コラボなので、押さえておきたくて。『鏡地獄』『パノラマ島綺譚』『芋虫』どれも大好きな作品。再読はあまりしない派ですが、何度読んでも良いものは良い✨2022/11/06

孤島天音

9
破滅と隣り合わせの狂気的な嗜好。アンビバレンスな感情。五感を揺さぶる、鮮烈な極彩色の悪夢。どうやったらこんな悪夢みたいな物語を紡げるんだろう。「芋虫」の悲哀は忘れ難い。「パノラマ島奇談」の執拗な海底トンネルの描写が好き。2023/08/15

silka

3
青空文庫で読了2022/08/09

てんぷら@なかま

3
表紙が綺麗だったのと江戸川乱歩の芋虫が読みたくて買った。「芋虫」はなんとも言えない気持ち悪さと切なさがあって私は好きだったけど人にオススメするのははばかられる、好きな人はとても好きだと思う。他の収録されている作品もどれも面白かった。特に「人でなしの恋」「人間椅子」が好き。 不快ではない気持ち悪さとでも形容するべき独特な雰囲気が漂っていると思う。 2020/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13543337
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。