角川ビーンズ文庫<br> 魔法卿城の優しい嘘―銀の執事と緋の名前

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

角川ビーンズ文庫
魔法卿城の優しい嘘―銀の執事と緋の名前

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2022年07月01日 19時48分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041075685
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

第16回小説大賞、優秀賞&読者賞W受賞作! 世界に居場所を探す物語母を亡くしたジェーンは、悪名高い魔法卿城で働くことに。執事のジョンや魔法卿コーネリアスなど、個性的な人々と過ごす中、城の真実と自分の出生の秘密に関わる事件が起きて!? 読めば誰かに優しくしたくなる物語

和知 杏佳[ワチ キョウカ]
著・文・その他

なな[ナナ]
イラスト

内容説明

母を亡くし行き場のないジェーンは、魔法卿・コーネリアスの城でメイドをすることに。“魔法使い”という異端を集め、悪名高い城で待っていたのは凄腕の毒舌執事・ジョンだった。「彼女の手は不要です」―なぜかジェーンに否定的な彼に認めてもらい、ここで居場所を見つけるしかない。そんな中、ジェーンの“ある秘密”にまつわる事件が!?第16回小説大賞優秀賞&読者賞W受賞作。読むと、誰かに優しくしたくなる物語。

著者等紹介

和知杏佳[ワチキョウカ]
新潟県出身。第16回角川ビーンズ小説大賞優秀賞&読者賞受賞。『魔法卿城の優しい嘘 銀の執事と緋の名前』(受賞作改題、改稿)にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐっち

29
境遇にめげずがんばって生きていこうとする2人のによによラブストーリーでした。魔法卿城の大人たちのように温かく見守ってしまいました。2018/11/17

紅羽

8
不遇な境遇にも負けず前へ進もうとするヒロインが好感触な作品でした。その出自は何となく予想は出来ますが、彼女の姿勢や生き方に惹かれます。毒舌執事のジョンとの仲もこれからという感じなのですが、互いに両想いという事で大団円で終わっていて良かったです。2020/05/18

有子

7
母を亡くし父に追い出されたジェーンが、魔法使いという異端を集めた土地の城でメイドとして働きながら自身の出生の秘密を知り、そして自分を偽らずに生きていけるようになるお話。魔法使いのみならず差別や偏見に晒されてきた人々を受け入れる街のあり方や住民たちがとても優しくて好きだった。何より完璧な毒舌執事を装うジョンの優しさには思わずにやにやしちゃう。ツンデレなだけでなく、本来の彼はとてもフランクで脳筋寄りの性質なところがなお可愛い。続きあるといいんだけどなって消化不良感はあるけれど、ピュアなお話で良かった2020/05/09

まぁ

7
普通ヒーローほうが実は王子様とかやんごとなき身分の場合が多いですがこれは逆なんですね。大事なのは血や生まれなんかじゃなくて、どう生きてきたかっていうことなんだよという話。とりあえずジョンさんはツンデレ。2019/04/30

朔夜

3
★★★★2019/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13153048

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。