角川スニーカー文庫<br> 君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

角川スニーカー文庫
君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 13時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041074626
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ふたりvs.全人類。「おにぎりスタッバー」の鬼才による反逆ファンタジー数百年続いた「帝国」と「王国」の戦争。泥沼の戦いを終わらせたのは、「愛」を説く新たな教えだった。愛は世界を救い、誰もが虐げられることなく、奪われる心配のない、安心して幸せに暮らせる世界が実現した。しかし、その完全なる調和を脅かす【災厄の魔女】アンナ=マリアが現れて――「“善き人”は、全て殺す。わたしは、わたしの世界を取り戻す」 これは、世界最強で無敵で冷酷で残虐でありえないほど綺麗な僕の姉さんと、僕が、たったふたりで世界を敵に回して戦う、向こう見ずな物語だ。

大澤 めぐみ[オオサワ メグミ]
著・文・その他

切符[キップ]
イラスト

内容説明

数百年続いた「帝国」と「王国」の戦争。泥沼の戦いを終わらせたのは、「愛」を説く新たな教えだった。愛は世界を救い、誰もが虐げられることなく、奪われる心配のない、安心して幸せに暮らせる世界が実現した。しかし、その完全なる調和を脅かす『災厄の魔女』アンナ=マリアが現れて―「“善き人”は全て殺す。わたしは、わたしの世界を取り戻す」これは、世界最強で無敵で冷酷で残虐でありえないほど綺麗な僕の姉さんと、僕が、たったふたりで世界を敵に回して戦う、向こう見ずな物語だ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

40
数百年続いた「帝国」と「王国」の戦争。その終戦記念日の慰霊祭で皇帝と国王を殺した「災厄の魔女」アンナ・マリアが世界を敵に回して戦うファンタジー。交互に語られる過去と現在、アニーとユージーンの運命的な出会いとその関係、そしてアニーの弟分・アローンとの邂逅による関係の変化。過去が明らかになってゆくたびに見えているものの印象がガラリと変わっていって、因縁に決着をつけた結末にすら皮肉な事実が提示されてしまう展開に思わず唸らされました。そうだったのか…毎回違うジャンルの作品描くのにそのインパクトは相変わらずですね。2018/09/29

まりも

37
たったふたりで全人類と戦い世界を取り戻す。これはそんな物語。なんとも言葉では言い表しにくい作品だ。復讐系ダークファンタジーかと思ったらそんなモノじゃなくて、ファンタジーの皮を被った哲学的な作品なのかと思ったらそれとはまた違う。頭の中が?で埋め尽くされているのに、不思議と悪い気持ちでは無く何となく気分は上々。この複雑怪奇な読後感これは一体何なのだろう。のんべんだらりと物語が進んだと思ったら急展開を迎えドンデン返し。この作品には鬼才大澤めぐみの全てが詰まっている。作家っていうのは本当にスゴい生き物だな。2018/10/07

まるぼろ

27
数百年続いた「帝国」と「王国」の戦争が「愛」によって集結、平和になってから二年が経った世界、皇帝と国王も出席する慰霊祭が執り行われている最中に「災厄の魔女」と呼ばれているアンナ=マリアが現れ…という所から始まるお話です。何とも凄い作品でした。時代背景も過程も結果も異なっていますが、あの駅を訪れて以降のお話が「ハーモニー」と通ずる話を読んでいる様な、それでいて「ハーモニー」とは真逆のお話の様な印象を持ちながら読んでいました。そんな世界で「ふたりぼっち」の人間になってしまったアニーとアーロンの物語ですが、→2018/10/08

わたー

22
【試し読み】200ページ超の試し読み。これは賭けていますわ。人類が「善き人」に取って代わられ、数百年続いた泥沼の戦争が集結した優しい世界を舞台に、最後の人類である姉弟が世界に叛旗を翻す物語。現在と過去を交互に描き、何故このような事態に陥ったのかを丁寧に描写しているのがかなり面白い。これは大量の試し読みがないと良さが伝わらないやつだな。旧友との決戦を前にして、試し読みが終わってしまったので、続きがすごく気になる。2018/10/01

た〜

21
帯に書かれた「ふたりvs全人類」というのが印象強くて、正式タイトルが覚えられない。もうこっちがタイトルで良いんじゃないの? まあ、「ふたり」は二人じゃないとも言えるし、「全人類」の方も人類じゃないといえば人類じゃないけど。2018/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13129377

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。