角川ホラー文庫<br> などらきの首

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

角川ホラー文庫
などらきの首

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月05日 05時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 299p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041073223
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

映画「来る」公開記念! 『ぼぎわんが、来る』比嘉姉妹シリーズ最新刊!父の遺した不動産で夜になると聞こえる「痛い、痛い」という謎の声。貸事務所の問題を解決するために、私は「ヒガマコト」という霊能者に依頼をするが……。比嘉姉妹シリーズ最新作にして初の短編集!

澤村伊智[サワムライチ]
著・文・その他

内容説明

「などらきさんに首取られんぞ」祖父母の住む地域に伝わる“などらき”という化け物。刎ね落とされたその首は洞窟の底に封印され、胴体は首を求めて未だに彷徨っているという。しかし不可能な状況で、首は忽然と消えた。僕は高校の同級生の野崎とともに首消失の謎に挑むが…。野崎はじめての事件を描いた表題作に加え、真琴と野崎の出会いや琴子の学生時代などファン必見のエピソード満載、比嘉姉妹シリーズ初の短編集!

著者等紹介

澤村伊智[サワムライチ]
1979年生まれ、大阪府出身。幼少期より怪談/ホラー作品に慣れ親しみ、岡本綺堂作品を敬愛する。2015年、『ぼぎわんが、来る』(受賞時のタイトルは「ぼぎわん」)で第22回日本ホラー小説大賞“大賞”を受賞。巧妙な語り口と物語構成によって、選考委員から高評価を獲得した。新たなホラーブームを巻き起こす旗手として期待されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

470
澤村 伊智は、ほとんどの作品を読んでいる作家です。本書は、比嘉姉妹シリーズのホラー短編集でした。オススメは『ゴカイノカイ』&『などらきの首』の2作です。それにしても表紙のセンスのなさは、どうしたのでしょうか?KADOKAWAは、猛省するように。2018/12/03

しんたろー

331
スピンオフ短編が6つ…比嘉姉妹たちの過去の物語はファンには楽しく、もう会えないと思っていた美晴に再会できたのも嬉しかった。カットアウトで終わって、余韻を持たせる手法もニクイ!怖さとしては『ぼぎわん』や『ずうのめ』に及ばなかったが、怪奇と風刺を織り交ぜる作風は健在でワクワクした…哀しさ&怖さのバランスが良い『学校は死の匂い』、そのまま『世にも奇妙な物語』に映像化できる『居酒屋脳髄談義』、著者らしさが最も強く感じた『などらきの首』の3作は満足!色々と意見はあるだろうが、このまま比嘉シリーズを突っ走って欲しい♪2018/12/03

ポルコ

267
もちろんホラーではあるものの、謎解きミステリー色の印象が強い。先が読みたくなって、一気読みだった。2018/12/13

utinopoti27

239
本書はホラーテイストな短編集だが、澤村氏の過去作を読んでいないと、何だかまとまりがなく、もやっとした印象を受けるかもしれない。それもそのはず、これはいわゆる『比嘉姉妹シリーズ』登場人物たちのアナザーストーリーなのだから。ただ、全く肌触りの異なる6篇の話は、各々独特なオチと空気感があり、多彩な才能の引き出しが感じられて、ファンには嬉しい趣向だ。ちなみに、自分は起承転結のはっきりした、いかにも短編らしい表題作が好みだが、読み手それぞれのツボにはまる作品がきっとあるに違いない。作者の魅力が詰まったお得な一冊。2021/05/27

ジンベエ親分

238
「ぼぎわんが、来る」「ずうのめ人形」に続く短編集。いずれも登場人物の誰かが比嘉姉妹や前二作の関係者。「居酒屋脳髄談義」が抜群に面白い。ミステリーのような話の運び方だが、最後はやはり怪異に結びつく。カス男どもをコテンパンに論破しながら引導を渡す"あのお方"のタンカに溜飲が下がる(笑) 「悲鳴」は誰が"関係者"か最初分からなかったが、分かった時はトリハダが立った。つか、本編より怖かった(笑) 野崎と真琴の出会いのエピソードもあり、盛り沢山で満足。全体的にミステリー脳を刺激される造りではあるね(^-^*)2018/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13135542

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。