角川文庫<br> 記憶の渚にて

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり

角川文庫
記憶の渚にて

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月26日 17時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 584p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041073070
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

小説の限界に挑む超大作! 直木賞作家、全身全霊の900枚。世界的ベストセラー作家の兄の不審死と遺された謎だらけの随筆。記憶とは食い違う原稿の真実が明かされるとき、“世界”は大きく揺らぎはじめる――。

白石 一文[シライシ カズフミ]
著・文・その他

内容説明

国際的に著名な作家だった兄が謎の死を遂げた。古賀純一は兄の遺品の中から随筆原稿を発見する。我が家の歴史を綴ったその文章は、なぜか古賀の記憶とは大きく食い違っていた。奇妙な遺書、差出人不明のメール、新興宗教団体…。兄の死の真相に迫る古賀の前に次々に現れる謎。一族の記憶に導かれるように、物語の舞台は海を越え、イギリスへ。全ての謎が一つの像を結ぶとき、予想だにしない圧巻のラストが立ち現れる!

著者等紹介

白石一文[シライシカズフミ]
1958年福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。2000年に刊行されたデビュー作『一瞬の光』が各紙誌で話題となり、多くの読者の支持を得る。09年『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』で山本周五郎賞を、10年には『ほかならぬ人へ』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆきらぱ

39
感想を表すのが難しい。面白いところもたくさんあるが、ついていけない、もしくはつきあっちゃいられないところもたくさん。超常現象やあらゆる偶然だけではなく、小島美樹の謎の巨乳設定とか…最後まで何故胸の事ばかり書いてるのかなと理由を探してしまった。理由は無かった。でも「記憶」の因果と記録の関係については思わず付箋を貼るほど面白かった。白石一文って何冊も読んだがいつも感想は謎だ。2019/03/04

杜子春

34
白石一文は新作を見かければ購入しているので、背表紙のあらすじをみて迷わず購入した。ただ、読み始めてすぐに既読感があり、同じ本を2冊買ってしまったことがまもなく判明。本のテーマが記憶なのに自分の記憶力の無さを笑うしかなかった。しかも、読んだことがあるのに先のスジは思い出せないありさまで、それなりに楽しめてしまったのが余計に悲しい。肝心の感想は、今作も白石ワールドが全開。認知を越えた世界の話は小説を読む醍醐味だと実感した。2019/04/02

チャーミー

32
著名な作家であった兄の迅の自死を不可解に思った弟の純一は遺書や差出人不明のメールや謎の宗教団体から真相に迫っていく。第二部からは迅の義理の甥である東也が語り手となる。純一の会社のアルバイト典子も語り手となったり、話は視点を変えながら展開される。登場人物も多く複雑で混乱しそうになるが最後はそうだったのか!の連続で著者の豪腕で話を収束させている。並大抵の思考やプロットの練り方をしないとこんな物語は書けないだろう。人は自分の理解の少し上を行く思考に面白さを感じ、100%理解できないからこそ余韻を残すのだろう。 2019/07/15

June

28
音信不通だった兄の自殺の報せを受け遺骨を引き取る場面から始まり、兄の身辺を調べていくと不可解な事ばかりで先が気になってしまう。謎が解けないまま曖昧な記憶の海へ引き摺り込まれていく。登場人物が後から後から出てきて不思議な現象も散りばめられ頭は飽和状態。人はどうして生まれどうして生きねばならないのか?記憶とは?前世とは?広げられたものが、第三章で一気に収束していく。ロンドンでの最後の最後まで全容は見えず沢山の人物に絡まった糸がやっと解けていくのだが、凡人の頭ではやはり理解不能で、それでも一気に読んでしまった。2019/11/20

百太

26
白石さんっぽい精神世界で読ませてもらいました。2020/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13449036

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。