• ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 320p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784041072271
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

これは〈語られたくない事実〉への小説の挑戦――21世紀文学の新たな刻印「あなた、ひとですか?」
「ひとのこころ、ありますか?」

ベッド上にひとつの”かたまり”として横たわり続けるきーちゃんと、その思念の涯てなき広がりから、ニッポンに巣くう底知れぬ差別、良識をきどった悪意や”浄化”と排除の衝動を射貫く。
「にんげん」現象の今日的破綻と狂気を正視し、この世に蠢く殺意と愛の相克を活写。実際の障がい者19人殺害事件に想を得た、〈存在と無〉の究極を照らしぬく衝撃の傑作!

1 プロローグ 夢/マスカットグリーンの膜/わたしはなぜここに在るのか/絶滅危惧種でもないのに 2 わたしの〈無慾顔貌〉について/わたしはなにか。なにから生まれたか。なんのために。なにをしに生まれてきたか。なぜここにこうして在るのか 3 〈設問〉 ほんとうは正気のにんげんが狂ったふりをするのと、じっさいには狂ったひとが正気のふりをするのと、どちらがむずかしいか? 4 わたしの痛み/脳内のオーロラとスノーノイズ/痛みを消してくれるなら全人類を敵にまわしてもいいとおもうこと 5 赤い服のおんなと小さなひと/〈まさりおとり〉とはなんだろうか/さとくんのただならぬ視線について 6 さとくんの気分/サルスベリのこと/死刑のこと/カフェ「ティシナ」にて/赤いおんなとの奇妙なやりとり 7 赤いおんなの怒り/目のなかの目/その目の奥の夜と靄/どうしようもないビニール紐やイエユウレイグモについて 8 イメージ/ゲンジツ/顔/ことば/殺人/聖性/戯画……について 9 園はひきつづき未然/木造幽霊船にて/在るじゃなくて在られるじゃないのかな/ヘレナモルフォになりたいな 10 さとくんの学習とちょっとした変化/こころざしについて/「ひととして生きている意味」をかんがえること 11 ある暗所にて/円筒形の巨大水槽をかこむ/みんなで〈カタアシヒゲシビレビト〉などをみること/すべて〈のようなもの〉ではないか 12 さとくんの発心〈世の中をよくするために貢献したい〉〈そのためにどうすればいいか……〉 13 あたしの割れと派生/さらされること/弄ふことなど 14 あかぎあかえの登場/モグラ塚/被曝/あらゆる特徴が特徴たりえなくなった時代の道をあるくこと 15 大津波/遁走/カラスの大量死/身ぶり顔つきは、すでにそうされたことの無意識の再演であること/あかぎあかえが赤いおんなと番うまでの話 16 陰ひなたのないさとくんの〈自己犠牲心〉について/紙芝居でがんばる/「食わず女房」に入れこむこと 17 あかぎあかえのとりとめのない回想/さまざまな焼身自殺のこと/ベトナム・大津波・皇居前/みなれたものが「真実」なのであり、みなれぬものは「奇」なのだ 18 無ー所(nowhere)をゆくきーちゃんの意外にすっきりした心象/ムカシトンボ・ミズカマキリ・アサギマダラなどをみること 19 続・きーちゃんのとめどない心象/正気もヘチマもありゃしない/脱走者/森/深海 …・・・・(つづく)

辺見 庸[ヘンミ ヨウ]
著・文・その他

内容説明

ニッポンに巣くう底知れぬ差別。良識をきどった悪意。“浄化”と排除の欲動―「にんげん」現象の今日的破綻と狂気を正視し、この世に蠢く殺意と愛の相克を活写。かつてだれも試みたことのない、“語られたくない事実”への小説の挑戦!“存在と無”の究極を照らしぬく560枚!

著者等紹介

辺見庸[ヘンミヨウ]
1944年宮城県石巻市生まれ。70年共同通信社入社、北京特派員、ハノイ支局長、外信部次長などを経て96年退社。78年中国報道で日本新聞協会賞、87年中国から国外退去処分を受ける。91年『自動起床装置』で芥川賞、94年『もの食う人びと』で講談社ノンフィクション賞、2011年詩文集『生首』で中原中也賞、翌12年詩集『眼の海』で高見順賞、16年『増補版1★9★3★7』で城山三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

190
図書館の新刊コーナーで見つけて読みました。久々の辺見 庸、著者は、こんな作品も書くんだというのが第一印象です。相模原市障害者施設19人殺害事件とクロスオーバーしてカオスのような小説でした。 https://book.asahi.com/article/11964940 ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。2019/01/09

ネギっ子gen

72
【無残なことが、額面通り見えないか、見えなくなっていることこそが、本当は無残なのに】相模原障害者施設殺傷事件に想を得て、“善良無害を装う”社会の裏の顔を抉り出した、魂を撃つ書。話題の映画の原作。果敢なるチャレンジをした著者に敬意を表したい。エピローグで、重い入所者・きーちゃんは想う。<なぜ、なぜ、いつまでも「在る」の状況から解放されないのか。解放されてはいけないのだろうか。在りつづけるほうが、かえってひどく空虚ではないかしらん。「在る」からの完璧な離脱>と。本書の重い問い掛けを、読む者はどう応えたら……⇒2024/02/21

らぱん

50
ベッドの上の「にくのかたまり」であるきーちゃんの心の声が騙る物語だ。きーちゃんは嗅覚と聴覚で世界を捉え、他者との意思疎通はできない。詩的で哲学的な内面世界を辿っていく作業は、ひらがなの多用が読みにくさを増しているが、たどたどしい独特のリズムが幻想的な現実世界を描き出す。モチーフの使われ方がダイレクトで、やまゆり園事件が齎した強い衝撃と重い心境が甦った。物語には不可解な事象にカタチを与え腑に落とす力があると思うが、この小説はむしろ「わかったつもりになるな、考え続けよ」とストレートに言っているのだと思う。↓2019/08/17

たまきら

43
「もの食う人びと」で自分の価値観を投げ散らかすような文章に胸が苦しくなって以来、この作家さんの本はちらり読みしかしたことがなかった。…今回も絶対同じ気持ちになるのがわかっているのに読み、また同じような感情に苦しんだのに、それでもこの作家さんの新刊が出るたびに手を取るのは、彼が切り取る対象が自分が何度も自分の中で消化しようとした具象だったり事件だったりするから。全く納得できない切り取り方でも、同じことをじっと観察し、調べる視線が好きだから。…でもやっぱり苦しかった…。2021/03/13

yumiha

43
次々と色を塗り重ねていくような文体、マスカットグリーンの闇にかげろうが何度もよぎる景色、体も表情も動かせないきーちゃんの内的世界が豊かに広がる・・・と油断していた。後半やまゆり苑を想起させる描写に、そっか、だから「さとくん」なのかと思い当たる。見逃したり、流したり、忘れたりしながら、善人らしく日々を過ごしている者へのイタイ問題提起の本だった。マスコミ報道によれば、極悪非道な「さとくん」だが、善人らしく装って暮らしている私たちの隠してきた本音の代弁者だと思い込んでいたとは・・・。 2019/06/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13151282
  • ご注意事項