角川文庫<br> 夕暮れ密室

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり

角川文庫
夕暮れ密室

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月21日 07時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 435p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041072011
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

第23回横溝正史ミステリ大賞〈落選作〉! しかし、傑作!斬新なトリックで選考委員のミステリ心を奮い立たせた、本格青春推理小説が、ついに文庫化!
〈単行本刊行時帯コメントより〉
かつて、あの北村薫さんと、この綾辻がともにエールを送った問題作――『夕暮れ密室』。それがこのたび、全面的な改稿を経て、折り目正しい学園本格ミステリとして完成した。まことに“嬉しい”事件である。――綾辻行人
「密室テーマの夕暮れの時代」に、敢然と白昼の光を取り戻そうとしている。その心意気がよい。至難ともいうべき「密室」の扱いに成功。それは、上品な手品師の指使いを見るようで、まことに美しい。――北村薫


村崎 友[ムラサキ ユウ]
著・文・その他

内容説明

遅刻厳禁!明日、晴れるといいね―文化祭前夜、そう言い残した少女は、翌朝、密室状態のシャワールームで死んでいた。少女は、栢山高校バレー部マネージャーにして男子生徒憧れの的、森下栞。遺書が発見され自殺として処理されそうになる中、疑念を持ったバレー部員やクラスメイトの、真実を追う推理が始まる。立ちはだかる二重密室と若者ならではの痛みと殺意。横溝正史ミステリ大賞選考委員が奮い立った、傑作青春ミステリ。

著者等紹介

村崎友[ムラサキユウ]
1973年京都府生まれ。2004年『風の歌、星の口笛』で第24回横溝正史ミステリ大賞を受賞し同作でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らきむぼん@ミステリ・奇書好き

15
青春ミステリ。田舎の高校のバレー部マネージャーで、男子の憧れの存在である森下栞の死は不自然な点を残しつつも密室と遺書により自殺の線で捜査される。バレー部の仲間やクラスメイト達は疑念を抱き、独自に推理を始める。終始痛みを伴う悲壮の物語だが、どこか青春の爽やかさやもどかしさ、淡さや熱さを感じる。各章ごとに語り手が変わり、各々の想いが徐々に真相に迫る。終章にかけて全てのピースが揃い、導かれる唯一のロジックは本格のそれで、全編が無駄なく計算され尽くしていることに気づく。途中の「奇蹟」の推理とラストシーンが大好き。2018/09/25

りこ

11
文化祭当日の朝、シャワールームで女子生徒が死んでいるのが見つかった。現場が密室だった上に遺書が残されていたことから警察は自殺と判断するが、彼女を知るクラスメイトたちは訝しむ。あの森下栞が急に自殺するはずがない。真実を突き止め彼女の無念を晴らすためにクラスメイトたちは動き始め――。青く不安定な日々の蹉跌が胸を鈍く痛ませる青春ミステリ。二重密室の謎がおもしろく、手口も動機も分からない犯行に頭を悩ませた。何人もの語りによって画が見えるパッチワークのような構成がとても好きだ。幕切れはあまりに印象的で、胸が痛い。2020/09/04

シアン

8
圧倒的青春ミステリー。物語は生徒目線で進み、警察や科学捜査などの介入を抑え、高校生自らが謎の解明に乗り出す。青春故のほろ苦さや甘酸っぱさを感じつつも、妙に大人だったりするのも、謎解きの間にあっていい。フーダニット、ハウダニットだけでなく、それが明らかになった時の、高校生達がどう思い、考えるのかも見逃せない。2018/11/28

ドットジェピー

6
登場人物達の年相応の青春時代の素晴らしさや儚さや葛藤などが伝わってくるミステリーだと思いました2018/10/10

アツシカ

6
黄昏どき、見ることが出来なかった友人の顔の話でしょうか。ワンアイデアが軸になっているせいで全体にぎりぎりの歪みが見えるものの、そこ含めて青春の痛々しさを感じます。ってな感想は好意的に過ぎますかね。でも好きなんですよこういうの!やっぱり密室のハウがメインかなぁとは感じるのですが、僕にはそれよりか「奇蹟」の推理が魅力的に思えました。悲劇の中で、「見えたもの」でも「見るべきもの」でもなく「見たいもの」を見ようと願うのは許されていい。ラストを飾るコイントスも奇蹟(すなわち偶然)の象徴じゃないかと思います2018/10/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13135971

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。