角川ホラー文庫<br> 怪談狩り―黄泉からのメッセージ

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

角川ホラー文庫
怪談狩り―黄泉からのメッセージ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 249p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041071892
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

出版社内容情報

恐怖は日常の延長にある――本当に怖い実話シリーズ。死んでも、伝えたいことがある――
「新耳袋」の著者・中山市朗が蒐集したあの世からのメッセージ

あの世からのメッセージは、さまざまな形でこの世に出現し、私たちに語りかけてくる――。親族に不幸があるたびに夢枕に現れる生首、幼い子どもをひき逃げした犯人を探し求める刑事が見つけた金属片、夜道に佇む男の子が手にした新聞紙、「俺は16歳までに死ぬ」が口癖だった同級生の家を代々襲う数奇な運命……。日常に潜む小さな違和や怪異を丁寧にすくいあげる。「新耳袋」の著者が全国から蒐集・厳選した戦慄の怪談実話集。



中山 市朗[ナカヤマ イチロウ]
著・文・その他

内容説明

あの世からのメッセージは、さまざまな形でこの世に出現し、私たちに語りかけてくる―。親族に不幸があるたびに夢枕に現れる生首、幼い子どもをひき逃げした犯人を捜し求める刑事が見つけた金属片、夜道に佇む男の子が手にした新聞紙、「俺は16歳までに死ぬ」が口癖だった同級生の家を代々襲う数奇な運命…。日常に潜む小さな違和や怪異を丁寧にすくいあげる。「新耳袋」の著者が全国から蒐集・厳選した、戦慄の怪談実話集。

著者等紹介

中山市朗[ナカヤマイチロウ]
兵庫県生まれ。怪異蒐集家、オカルト研究家、放送作家。作家育成塾「作劇塾」の塾長を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ねりわさび

35
三流ホラー作家の得意技である読者を小バカにしたようなスプラッタ描写も少なく、ひたすら精緻な筆致で構成されている。大変読みやすいホラー短編集で楽しめました。2020/01/05

シン

29
★★★☆☆ まずまず。 黄泉からのメッセージがテーマで(関係ないのもあるけれど)、 怖いのは少な目でほっこりするのも多い気がする。 「コンピュータ怪談」は実に現代的に面白かった。 最近AIとかの本を読んでいるといのもあるかもだが。 一番ゾワッとしたのは「身の上」話という話。 怖いといえば怖いがもっと怖い話はあったが、 わけわからん度合いとかがツボにハマったのだろうか。2018/07/14

フキノトウ

25
どのお話も良かったけれど、「母の遺言」が怖いだけじゃなく残された息子たちへの愛情も感じ、印象に残った。2018/12/02

田中

23
実際にあった怪異集。「助手席の女」は自損事故の直後に亡くなった。でも、普通に女性は話しをする。話した相手も後から死者と知り驚いてしまう不思議な話だ。最後に収録された「七代祟る」は不条理な一族の末路である。当事者の子孫にまで呪怨が及ぶのだ。じゃあ、その元となった当主の悪業とは何か?何十年、何百年も経っているのに末裔たちにまで悪い障害が起きる。強い怨念を浴びてしまうと決して逃れられないようだ。何とか助かる術はなかったのかと考え込んでしまう。本当に背筋が寒くなる一家の断絶話。【日本の夏は、やっぱり怪談 其の三】2021/08/28

あーびん

19
「黄泉からのメッセージ」のサブタイトル通り、不可思議な存在が生者に何かを伝えようとする話が多い。冒頭の「生首の予言」は最近の地震や自然災害を連想させるし、「まずい」は東日本大震災がらみの怪談だ。怖いというよりもなんだかせつなく哀しい余韻を残す一冊だった。2018/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12849335

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。