ニッポン2021‐2050―データから構想を生み出す教養と思考法

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり

ニッポン2021‐2050―データから構想を生み出す教養と思考法

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年08月22日 18時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784041071861
  • NDC分類 304
  • Cコード C0095

目次

第1章 テクノロジーは社会課題を解決する(落合「成長せず社会課題が取り残された平成の30年」;落合「日本はなぜ変わらなければならないのか」 ほか)
第2章 2021年の日本風景論(落合「現代人の心象風景は“ドラえもん”」;猪瀬「国民国家になって日本の風景は『創られた』」 ほか)
第3章 統治構造を変えるポリテックの力(猪瀬「日本システムの弊害の縦割り行政」;落合「ポリテックで日本政治を変えよう」 ほか)
第4章 構想力は歴史意識から生まれる(落合「ビジョンを描くにはまず歴史を知ること」;猪瀬「自分の中にある言葉を鍛える」 ほか)

著者等紹介

落合陽一[オチアイヨウイチ]
メディアアーティスト。1987年東京都生まれ。東京大学大学院情報学環・学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。専門はCG、HCI、VR、視・聴・触覚提示法、デジタルファブリケーション、自動運転や身体制御など。現在、筑波大学学長補佐・准教授・デジタルネイチャー推進戦略研究基盤基盤長。ピクシーダストテクノロジーズ株式会社CEO

猪瀬直樹[イノセナオキ]
作家。1946年長野県生まれ。87年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。道路関係四公団民営化推進委員会委員、東京大学客員教授、東京工業大学特任教授などを歴任。2007年東京都副知事、12年東京都知事に就任、13年辞任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

最注目の科学者が作家と議論した「2021」以後の日本のビジョン。山積する社会課題を解決し、新しい時代を構想するためには、今の日本を規定する「近代」を見つめ、機能不全の構造をアップデートする必要がある。ビジョンを描いて汗をかく実践者二人による社会を変えるヒント。

第1章 テクノロジーは社会課題を解決する
第2章 2021年の日本風景論
第3章 統治構造を変えるポリテックの力
第4章 構想力は歴史認識から生まれる

落合 陽一[オチアイ ヨウイチ]
著・文・その他

猪瀬 直樹[イノセ ナオキ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件