八百長リーグ―戦時下最大の野球賭博事件

電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

八百長リーグ―戦時下最大の野球賭博事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784041071854
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0095

出版社内容情報

仲間が戦場に行くなか、なぜ野球賭博に手を染めなければならなかったのか戦時下の貴重な娯楽として国民を楽しませていた職業野球に闇の手が伸びる――。昭和11年、巨人軍、タイガースなど七チームによる職業野球リーグが発足すると、連盟はすぐさま、大リーグで起きた八百長事件を懸念して、防止策を急いだ。しかし、それをあざ笑うかのように、不正をはたらく選手が現れた。そして、他のチームへと拡大の様相をみせていく。選手たちを召集する巨人軍。苦悩する沢村栄治……。なぜ選手たちは、連鎖するように次々と不正に手を染めていったのか。戦時下の八百長事件を、当時の資料や証言を丹念に積み重ねることにより追跡していくと、浮かび上がったのは、今なお繰り返し起こるプロ野球界の不祥事の本質だった……。賭博の予想に使われた野球雑誌をはじめ、戦前・戦中の貴重な写真、資料、新聞記事を多数収録。

序章  繰り返す事実
第1章 不正の予知
第2章 疑惑の交遊
第3章 表面化した事実
第4章 蝕まれたチーム
第5章 闇の正体

山際 康之[ヤマギワ ヤスユキ]
著・文・その他

内容説明

待遇への不満、賭け屋の誘惑…苦悩する沢村栄治、緊急招集をかけた巨人軍。昭和17年、八百長は瞬く間にリーグ全体へ広がった。今につながるプロ野球“不祥事”のはじまりは戦時中だった。

目次

序章 繰り返す事実
第1章 不正の予知
第2章 疑惑の交遊
第3章 表面化した事実
第4章 蝕まれたチーム
第5章 闇の正体

著者等紹介

山際康之[ヤマギワヤスユキ]
1960年、東京都生まれ。東京造形大学学長。東京大学博士(工学)取得。ソニー入社後、ウォークマン等の開発を推進し、製品環境グローバルヘッドオフィス部門部長を担当する。『広告を着た野球選手』(河出書房新社)では、第26回ミズノスポーツライター賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ようはん

9
戦前〜戦中の日本プロ野球は次第に戦争に翻弄されていく悲劇的なイメージがあり、同じ著者による「兵隊になった沢村栄治」辺り等で詳しく書かれているがその一方で本書では待遇面の不満等から後年の黒い霧事件同様に八百長に手を染める選手達が続出していた事の暗黒面が書かれている。黒い霧事件の時南海ホークスが処分された選手が出なかったのは鶴岡監督がチームを掌握して疑惑の選手をトレードで追い出したからと聞いていたが、その背景は監督が現役途中で出征していた間にチームが八百長汚染されていたという背景があったとは。2019/08/25

お昼の書棚

3
「プロ野球不祥事の構造」 多くの選手たちが戦地にむかう戦時下で八百長が行われていたというプロ野球の実話である。賭博の実態、選手に近づく賭け屋、八百長の手口など、これまで知られることのなかった負の歴史を数多くの資料を発掘しながら再現している。巨人の沢村栄治やタイガースの景浦将なども登場しながら、不正に手を染める選手と食い止めようとする連盟、そしてせまる警察の捜査と話しは展開し、読物としてもおもしろい。繰り返されるスポーツ界の不祥事への警鐘が伝わる。2018/11/26

charuko

2
昭和初期の野球賭博事件が題材。よくここまで調べたな、と読みながら舌を巻いた。事件そのものだけでなく周辺の事情も調べ上げて、ひとつひとつの事実を丹念につなぎ合わせて、なぜ事件が起こったのかを浮かび上がらせている。未成熟な組織、予兆の見落とし、自浄作用の欠如。完全に謎が解き明かされたとは言い難いかもしれないが、本書が世に出ることで、この事件が風化せずに次世代へと事実が伝えられるという価値はある。昭和野球のみならずスポーツをめぐる社会問題に興味を持たれる方にはお勧めしたい一冊である。2018/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13082282

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。