角川文庫<br> 崎義一の優雅なる生活 BLUE ROSE

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

角川文庫
崎義一の優雅なる生活 BLUE ROSE

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月18日 01時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 302p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041071304
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

崎義一、通称・ギイ。容姿端麗、頭脳明晰、莫大な資産を有する彼は、29歳にしてすべての仕事をリタイアし日本へやってきた。最愛の想い人、託生のもとへ──。大人になったギイとタクミの物語、いざ開幕!

内容説明

崎義一、通称・ギイ。容姿端麗、頭脳明晰、莫大な資産を有する彼は29歳にしてすべての仕事をリタイアし、日本へやってきた。母校の音大で働いている最愛の想い人、葉山託生のもとへ―。恋人らしい甘い時間を過ごす2人は、音大に届けられた謎のバイオリンの正体を探ることになって!?名作「タクミくん」シリーズに連なる、大人になったギイとタクミの物語、いざ開幕!ここでしか読めない特別書き下ろし「きみを知るほど」も収録。

著者等紹介

ごとうしのぶ[ゴトウシノブ]
静岡県に生まれる。ピアノ教師を経て小説家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひなた*ぼっこ

17
タクミくんシリーズが大人になって帰ってきた。29歳で隠居生活、流石はギイ。はじまりが『BLUE ROSE』なの素敵。青い薔薇の花言葉は夢かなう。あと短編が3つ。今回は全てギイ託生カプメインなので安心して読める。井上教授って佐智のことか。彼らもなんだかんだ幸せそうでなにより。2020/01/15

べべっち

6
あまりの懐かしさに購入。2020/04/12

くぼっち

4
単行本で読みましたが、ルビー文庫も買いましたが、こちらに書き下ろしがあるので買わないという選択はありませんでした。何度読んでも新たな発見と感動とときめきがあり、ごとう先生の作品がとっても好きだなぁと思います。書き下ろしでは最後の数行で思わず泣いてしまいました。大好きな二人なので。エリカの咲く庭もとてもとても楽しみです。2019/04/02

かぷちーの

3
大好きだったタクミくんシリーズのその後 29歳になった2人…こういう何年か後の本や漫画今まで読んで良かったと思うものが少なく…これも読むかどうか悩んだ だけど本屋で見かけやはり手に取る 結果 良かった またふたりの話が読めるのかと思うと嬉しい2019/04/28

ちいくま

2
単行本を買って一読してた。なのに、すっかりさっぱり忘れて予約した。改めてじっくり読んだら、あらーおもしろい! と自分にびっくりしたさー。盛りだくさんな内容とページ数で大満足でしたが、長年(そりゃーもう長年)高校生だった印象が強すぎて、29歳のイメージがつかめません…2020/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13550447

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。