キミのお金はどこに消えるのか

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

キミのお金はどこに消えるのか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月27日 00時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 168p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784041071106
  • NDC分類 330.4
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「次総理大臣になる人、このマンガ読むイイジャナイ?」(中国嫁月さん)大ヒットシリーズ『中国嫁日記』の著者・井上純一は、実は経済オタクでもあった!? ある日、円安で中国工場への送金が高くついた、とボヤく井上さんに、愛妻の月さんが「減った分のワタシたちお金、誰が取りマシタカ?」と返します。「こ、答えられない…というか、その発想はなかった!?」と衝撃を受けた井上さん、月さんの「お金に関する素朴な疑問」を題材に連載を始めることになりました。知らなくても生きてはいけるが、知るともっと世の中が面白くなる「お金」の話が弱者切り捨て、高齢化社会、増税、選挙、雇用問題など、誰もが知っている(しかし答えをもっていない)社会問題に絡めて語られます。監修 飯田泰之(明治大学経済学部准教授)

井上 純一[イノウエ ジュンイチ]
著・文・その他

内容説明

少子高齢化、増税、終身雇用崩壊、弱者切り捨て…世の中不安なことばかり。ホントにこの国大丈夫か?それより自分の将来大丈夫か?と不安なあなた。日本は「当面」大丈夫!お金が回ればもっと大丈夫!笑いながら経済のキモがわかる、本邦初のエッセイコミック。

著者等紹介

井上純一[イノウエジュンイチ]
TRPGデザイナー。漫画家。玩具会社「銀十字社」代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

298
中国嫁日記の著者が嫁の月さんと一緒に経済について語るという異色の一冊。経済っていろんな意見考えがあるから、難しいけどなるべく明確にわかりやすく描こうとする姿勢が良かった。2018/08/18

徒花

131
おもしろかった。人気マンガ『中国嫁日記』の作者が、とにかくおもしろく、わかりやすく、なぜ日本の景気が回復しないのか、なぜ日本人の手にするお金が増えないのかを解説するマンガ。増税を後回しにしてマネーサプライを増やすことを主張している。マルクスの資本論の間違いや、日銀の財政政策、政府の増税政策の間違いなどをバシバシっと指摘。中国出身の妻、月さんの指摘が鋭い。言ってること自体はけっこう高度。2020/10/28

ばたやん@かみがた

69
「国・地方の借金が1,000兆円超えたー!破滅じゃ。」(それは貸方側の話。ちゃんと借方の資産調べた?国債は今や半分近くを日銀が保有(450兆円)してるけど、この事の持つ意味は?)「金融緩和が続けば、国債の信認が無くなってハイパーインフレじゃ!」(あんたら、それ10年以上も前から言い続けてますよね?)「量的緩和なんかで物価引き上げられる筈がない!」(ちょっと待って、さっき言ってた事と真逆じゃん?)「日銀が出口模索始めると国債金利上がって大変な事に!」(まだその時期じゃないし、出口検討できる時期なら(続2019/03/25

あっか

67
今までの「お金」系の本で、今までになかったタイプの面白さだと思う!難しいことをただ説明…ではなく、確かにキャラが生きてるから読みやすい。他だったらどんなに漫画でも手に取らなかったと思う…でも知って本当に良かったと思ったし、知っておくべきと思った消費税のこと、選挙のことなど、自分たちに密着した生活と日本経済が結びついたように思えた。こういうことを義務教育中に教えて欲しかった…若干テンションがうっとうしいですが(笑)読むと色々スッキリします。2019/02/08

hundredpink

62
おもしろい。一回り年下の中国嫁と結婚しただけの人じゃなかったんだ。2019/01/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12923593

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。