若ゲのいたり―ゲームクリエイターの青春

電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

若ゲのいたり―ゲームクリエイターの青春

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 167p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784041070734
  • NDC分類 589.7
  • Cコード C0095

内容説明

1980~90年代、ゲーム業界は「青春期」だった。そんな時代に大奮闘したゲームクリエイターたちの熱くて、若くて、いきすぎた思い出をたずねたい―。『うつヌケ』『ペンと箸』とレポート漫画を描いてきた田中圭一が今回、話を聞いたのは誰もが知るあの有名ゲームの生みの親たち!!!!

目次

第1話 ファイナルファンタジー7
第2話 アクアノートの休日
第3話 メカ生体ゾイド
第4話 龍が如く
第5話 MOTHER
第6話 星のカービィ
第7話 初音ミク
第8話 プリンセスメーカー
第9話 電脳戦機バーチャロン
第10話 どこでもいっしょ
第11話 ぷよぷよ

著者等紹介

田中圭一[タナカケイイチ]
1962年5月4日大阪府枚方市生まれ。近畿大学法学部卒業。大学在学中の83年、小池一夫劇画村塾(神戸校)に第一期生として入学。翌84年、『ミスターカワード』(『コミック劇画村塾』掲載)で漫画家デビュー。86年開始の『ドクター秩父山』(『コミック劇画村塾』ほかで連載)がアニメ化されるなどの人気を得る。大学卒業後はおもちゃ会社に就職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゼロ

107
有名なゲームクリエイターのインタビューを手塚治虫風の漫画にして、一冊の本にしたもの。一昔前のゲームが多く、FFやMOTHERなど懐かしいタイトルがありました。当時のゲームクリエイターは、何を考えて作っていたのか。一人一人のインタビューが短いページで描かれているので、さらっと読めます。2021/01/22

ミライ

31
「うつヌケ」の田中圭一さんによる、現在も現役で活躍するゲームクリエイターの青春時代のレポ漫画。「ファイナルファンタジー」の坂口博信さん、「龍が如くの名越稔洋さん、「星のカービィ」の桜井政博さんなどなどかなり豪華なラインナップ。作中のクリエイター全員に共通するのは圧倒的なモチベーションと熱量、表紙の一番頂上に、伝説のゲームクリエイター飯野賢治さんがいるのが非常にイイ(もちろんマンガの中にも登場します)。2019/04/17

陸抗

17
有名なゲームを作ったクリエイター達の、インタビュー漫画。FF7のグラフィックの衝撃は覚えてる。プリンセスメーカーは、コンプティークで見てたときはものすごく盛り上がってたので、移植したときにFF7に負けたのは知らなかった。あと、MOTHERは出会えて良かった作品だと今でも思ってるし、感謝してる。トロ、未だにポケステ持ち歩くのは私位だろうね…。2019/04/01

ルート

11
定番となっているゲームが産み出された背景を、産みの親にインタビューしたマンガ。最新のゲームもいいけれど、いろんな背景を踏まえて、過去の名作を遊ぶのもまた面白い。成功したからこういう本になるんだろうけど、中にはチャレンジのまま終わるプロジェクトもあるんだろうなぁ。2019/08/31

8
セガ・サターンを買ってしまったので、その後はマインスイーパくらいのゲーム人生だった。それでも名前くらいは知っている名作の数々。その過程が面白くない訳がないが、作者のリスペクトが半端ない。2019/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13628909

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。