Kadokawa Comics 単行本コミックス<br> 祖母の髪を切った日

電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

Kadokawa Comics 単行本コミックス
祖母の髪を切った日

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 184p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784041070574
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

認知症の祖母を介護する孫が、赤裸々な気持ちをつづった実話コミック!「クラスに必ず一人はいた、汚い子ども。それが私だった」。ド貧乏だった子ども時代。だけど、優しくて凛とした祖母が、いつもそばにいてくれた。その祖母がやがて認知症になり、介護をすることになった時、孫の心に募るのは――。ふと思い出す、あの頃のこと。介護がままならない苛立ち。目を背けてきた、後ろめたい気持ち。 ツイッターほかで話題になった「しかばね先生」の漫画エッセイが、全面改稿されて刊行。きれいごと一切なしで綴った、感動の≪心の介護≫コミック!

しかばね先生[シカバネセンセイ]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

じょり

9
昨年購入していたマンガ。ネットで連載されており全話読んでいたつもりだったが、他のところに掲載されていた部分もありマンネリなく読むことができた。しかし、これだけ負の感情を、素直に表現された作者はすごい。だからこそ、現在仕事もしくは家庭で介護を行っている人、特に若い人たちに手に取って読んでもらいたい。始めたことは感情コントロールできなくて自分が壊れそうになる。そういうことは誰にでも起こりうる。貴方一人だけじゃないんだよって知ってほしい。2019/01/22

ぷりたかま

3
★★★2020/03/07

KOUJI

3
Webで一部読んだことがあったが、興味があったので読んでみました。絵は上手いとは言えませんが、引き込まれる内容であっという間に読み終えました。介護に対する作者のリアルな気持ちが伝わってきました。2018/07/04

漫画専用アカ

2
デリケートな題材だけど笑えるエピソードもたくさんあって、そこがいい2018/07/10

川原 健太郎

0
18-12/32018/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12886942

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。