角川文庫<br> 忍び崩れ―江戸の御庭番〈3〉

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

角川文庫
忍び崩れ―江戸の御庭番〈3〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年10月15日 00時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041069882
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

御庭番の倉沢家に婿入りした凄腕隠密・喬四郎。義父と義母のやり合いを受け流しつつ隠密御用につとめていた折、風魔の老忍び、喜平と出会う。喜平は、金で雇われて働く忍びが集う忍び宿を塒としていた。ある日、茶道具屋から二千両が奪われる。吉宗の命を受け、喬四郎が喜平の伝手を使って賊を追うと、裏柳生の忍びの影が。さらに背後には、大胆不敵な野望が潜んでいた。忍者同士の非情と友情が交錯する、人気シリーズ第3弾!

著者等紹介

藤井邦夫[フジイクニオ]
1946年北海道生まれ。脚本家、監督として数多くの刑事ドラマ、時代劇を手がける。主な脚本作品として、『特捜最前線』『水戸黄門』などがある。2002年、時代小説家としてデビュー。一躍人気作家となる。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

昼は婿殿、夜は隠密。 御庭番vs.裏柳生! これぞ忍者時代劇!御庭番の倉沢家に婿入りした凄腕の忍び・喬四郎は、旗本の小普請組支配組頭が相次いで急死した事態をうけ、吉宗より探索を命じられた。調べをすすめると、金で仕事を請け負う"はぐれ忍び"の集団の影が……

藤井 邦夫[フジイ クニオ]
著・文・その他