角川文庫<br> 子連れ侍江戸草紙

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

角川文庫
子連れ侍江戸草紙

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月10日 23時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041069776
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

娘を守るため――。旗本の地位を捨て、尾張家家老の家来として奮闘する!直参旗本の次男、高見沢彰吾は、忘れ形見の娘の為に、旗本の身分を捨て陪々臣として生きる道を選んだ。与えられた役目は、他家との外交役。懸命に仕事に取り組む彰吾に、思いもよらぬ事件が――。

経塚 丸雄[キョウヅカ マルオ]
著・文・その他

内容説明

11代家斉の時代―江戸一番町の直参旗本家の次男として太平楽を送っていた高見沢彰吾。だが、兄に男子が生まれたことで厄介者となり、妻の忘れ形見である娘・志摩と家を出なければならなくなった。身分を捨てて尾張家家老・成瀬家の家来となった彰吾は、早速、中屋敷の用地買収を命じられる。屋敷奉行の兄とのつなぎ役として召し抱えられたわけではないと奮起する彰吾だったが、なぜか情報が漏れて思わぬ横槍が入り…。

著者等紹介

経塚丸雄[キョウズカマルオ]
中央大学法学部卒。脚本家として活躍し、主な担当作品に映画「連弾」(第25回城戸賞入選)などがある。2016年、時代小説家デビューとなった「旗本金融道」シリーズが、翌年、第6回歴史時代作家クラブ賞新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。