角川文庫<br> デカルコマニア

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

角川文庫
デカルコマニア

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月19日 06時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 334p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041069158
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

きみも時間旅行をしてみたくないか――?時空を超えて漂流する一族のサーガきっかけは図書室でみつけた一冊の古書だった。亀甲文字で印刷された中世の書物にぼくは夢中になる。時間旅行装置《デカルコ》で時を隔てた世界を行き来する者たち、その実用化を目指す国際的な研究機関ICOD、突如現れては、運命の女について語って去ってゆく謎めいた少年……メビウスの輪のようによじれた時空間を自在に移動し、とある海洋国でかつて栄華を誇った一族の奇妙な足跡と家系図の迷宮を描いた壮大なサーガ。

長野 まゆみ[ナガノ マユミ]
著・文・その他

内容説明

きっかけは図書室でみつけた一冊の古書だった。亀甲文字で印刷された中世の書物にぼくは夢中になる。時間旅行装置“デカルコ”で時を隔てた世界を行き来する者たち、その実用化を目指す国際的な研究機関ICOD、突如現れては、運命の女について語って去ってゆく謎めいた少年…メビウスの輪のようによじれた時空間を自在に移動し、かつて栄華を誇った一族の奇妙な足跡と家系図の迷宮を描いた壮大なサーガ。

著者等紹介

長野まゆみ[ナガノマユミ]
東京都生まれ。1988年『少年アリス』で文藝賞を受賞しデビュー。2015年、『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

54
風変りな題名に惹かれて手に取った。思ったよりも物語の世界に入っていくのに時間がかかった。読了しても著者のたくらみをつかみ切れていないなと感じる部分が多く、解説が理解の一助となった。2018/08/08

エドワード

26
まさにメビウスの輪!一読では解らず、二度目はメモを取って読んだが、完全には理解出来ていない。でも雰囲気は解る。映画でも時々あるね、雰囲気だけ楽しんで帰ること。主要な舞台は20世紀のイタリア?っぽい街。貴族や漁師や灯台守がいる時代。そこへ23世紀から未来人が漂着する。タイムマシンはハコブネだ。SFと中世のハーモニーが創り出すめくるめく世界。未来人と記述されていない、意外な人物が未来人だったりする。少年少女の髪や瞳の描写が「読む少女漫画」だ。小谷真理さんも書くとおり、私も即座に竹宮恵子の絵が脳裏に広がったね。2019/08/06

19
時間の上を行きつ戻りつしながら生きる一族の物語。時間旅行装置《デカルコマニア》に乗って未来からやって来る者たちと時間の中を渡り歩く者たち。語り手はいつだって本当のことを言っているつもりで、だからこそ真実にはなかなか手が届かない。ぐらぐらと脳みそを揺らしながら、時間と空間の坩堝に呑み込まれてゆく。始まりから終わりまでたいへん長野まゆみ的で大満足。新世界やカルトローレの匂い。読み終わった後、家系図を書くのが楽しかった。2019/01/15

Kei.ma

9
長野まゆみさんが組み立てる積み木は、時間や知識など飛び越えているから、一つ一つのパーツが自在に形を変える。だから、ミラクル、面白い。とはいえ、読者としてみれば、時が300年間も行ったり来たりするし、同じ人物であっても名前の表現がクルクル変わるから、mapや年譜などの作成が欠かせない。努力の甲斐あり、鳥類図鑑さんがボクのパパと知れた時、たったこれだけのことでクロスワードを解いた気分になる。デカルコマニア、このテクノロジーさえあれば、私も吉宗公に目黒のサンマを差し上げることができるかもしれない。2019/04/21

hana.

6
カッコ書きの多い説明過多な文章がどうしても読みづらくなかなか進まない。けれども、2章に入ってからはシリルの言うとおり慣れてきたのか少し読むペースが上がってきた。しかし過去へ行って未来へ行って、誰が誰だか分からなくなって、翻弄されているうちに読み終わる。長野氏は細部の表現を丁寧にする人だから余計に全体がぼんやりとしてくる。一度の読了では理解が難しかった。そして、相変わらず性をほのめかす隠喩を入れたがるのはどうしてなのか。そっちの話も好きだけれど、こういう話には無理に入れないほうが気持ちよく読めるのにな。2018/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12920490

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。