角川文庫<br> 銀塩写真探偵―一九八五年の光

個数:
電子版価格
¥616
  • 電書あり

角川文庫
銀塩写真探偵―一九八五年の光

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月16日 23時04分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041067789
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

切ないラストに余韻が残る──『活版印刷三日月堂』の著者、新作!陽太郎の師、写真家の弘一には秘密の顔があった。それは銀塩写真探偵という驚くべきもの。ネガに写る世界に入り、過去を探れるというのだ。入れるのはたった一度。できるのは見ることだけ。それでも過去に囚われた人が救いを求めてやってくる。陽太郎も写真の中に足を踏み入れる。見たのは、輝きも悲しみも刻まれた永遠の一瞬で──。生きることとは、なにかを失っていくことなのかもしれない。哀切と優しさが心を震わす物語。

ほしお さなえ[ホシオ サナエ]
著・文・その他

内容説明

陽太郎の師、写真家の弘一には秘密の顔があった。それは銀塩写真探偵という驚くべきもの。ネガに写る世界に入り、過去を探れるというのだ。入れるのはたった一度。できるのは見ることだけ。それでも過去に囚われた人が救いを求めてやってくる。陽太郎も写真の中に足を踏み入れる。見たのは、輝きも悲しみも刻まれた永遠の一瞬で―。生きることとは、なにかを失っていくことなのかもしれない。哀切と優しさが心を震わす物語。

著者等紹介

ほしおさなえ[ホシオサナエ]
1964年東京都生まれ。作家・詩人。95年「影をめくるとき」が第38回群像新人文学賞優秀作受賞。16年に刊行された『活版印刷三日月堂 星たちの栞』が話題を呼び、第5回静岡書店大賞(映像化したい文庫部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんごろ

236
暗室、現像、懐かしい言葉がでてきましたね。物語では、いいカメラを使ってるなと羨ましく思いました。なんてたって、そんないいカメラ持ってないし、買えないし、「写ルンです」で撮りまくってたからなあ(笑)物語は、ほしおさなえさんらしい優しさと温もりを感じる温かい仕上がりで、続編がでる要素がある感じがしますが、たとえ今作で終わりだとしても、温かくさせてくれます。でも続編が出てほしいなあ。2018/10/21

しんたろー

202
『三日月堂』シリーズのほしおさんの新作ということで期待して読んだ。タイトルから想像していたのはミステリだったが、意外にもファンタジー…それも何故か『ドラえもん』を連想するような温もりのある味で、ほしおさんらしい文章が馴染み易くてサクサク読めた。自分の青春時代である昭和がノスタルジックに描かれていたのも親近感を抱けた理由だろう。フィルム時代の写真を思い出しながら、当時の仲間たちの姿が蘇ってくるかのような懐かしさを覚える作品だった。プロローグ的な中編だったので、シリーズ化して人の気持ちを救い上げて欲しい♬2018/07/17

へくとぱすかる

166
探偵、とは言うけれどSF。そして著者の作風がとてもよく生かされた心あたたかな作品。フィルム時代を知る人なら、解説不要な写真知識が散りばめられているけれど、今はこういう説明ぬきでは理解されなくなったのだろう。最初の部分など、不要なエピソードだと思っていたら、立派に伏線だった点がミステリ的。ところで、あのお父さんのニコンF3って、とてもいいカメラですよ。2018/09/01

おしゃべりメガネ

161
『活版印刷三日月堂』シリーズのほしおさん作品で、ネタが写真印刷になっています。話の雰囲気はやはり『三日月堂』シリーズと似ていますが、主人公が大学生だからか、ちょっとドラマにインパクトが不足気味かなと。カメラや写真現像に関する記述が多く書かれ、その部分が読んでる側にはちょっとストレス気味になり、流してしまいました。写真に興味ある読者さんなら全然苦にならないんでしょうね。今後も続きそうな展開ですが『三日月堂』シリーズがあまりにも秀作なだけに、少しツラいかもしれません。サラッと読める点はやはりさすがだなと。2018/08/05

KAZOO

138
ほしおさんの新シリーズで、昔ながらの黒白の写真をしかも一眼レフでフィルムに写すはなしでなつかしく読ませてもらいました。私もカメラ小僧とはいわないまでも学生時代は一眼レフで銀塩写真ではなくコダックのエクタクロームですが写真を撮っていました。今は携帯の写真機能も使ったことがありません。はなしは探偵というほどでもないのですが、若い人向きなはなしに仕上がっている感じはします。ほしおさんは今までのシリーズと同様にむかしのものを掘り出すのがうまいですね。今の人がどれだけ興味を示すかですね。2018/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12848285
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。