角川文庫<br> 偽弾の墓―警視庁53教場

個数:
電子版価格
¥792
  • 電書あり

角川文庫
偽弾の墓―警視庁53教場

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 400p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041066041
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

迫真のミステリ×重厚な人間ドラマ。話題沸騰の警察学校小説!!警察学校の教官・五味のクラス“53教場”には、個性豊かな学生が集う。元プロ野球選手、ガンマニア、教官に恋い焦がれる女性――各々の事情を抱えながら警察官を志す学生を相手に、五味は充実した日々を送っていた。しかしある日、多磨霊園で射殺体が発見されると、学生が容疑者になってしまう。五味は教え子を守るべく、「53教場全40名、全員卒業」を目標に、事件解決を目指すが!? 警察学校小説シリーズ第2弾。

吉川 英梨[ヨシカワ エリ]
著・文・その他

内容説明

警察学校の教官・五味が受け持つクラス“53教場”には、個性豊かな学生が集う。元プロ野球選手、ガンマニア、助教官に恋い焦がれる女性―各々の事情を抱えながら警察官を志す学生を相手に、五味は充実した日々を送っていた。しかしある日、多磨霊園で射殺体が発見されると、学生が容疑者になってしまう。五味は教え子を守るべく、「53教場40名、全員卒業」を目標に、事件解決を目指すが―。警察学校小説シリーズ第2弾。

著者等紹介

吉川英梨[ヨシカワエリ]
1977年、埼玉県生まれ。『私の結婚に関する予言38』で第3回日本ラブストーリー大賞エンタテインメント特別賞を受賞し、2008年に作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

モルク

97
53教場シリーズ第2弾。いよいよ五味が教官デビュー、助教には五味自身の教場時代の同期で、娘の実の父である高杉。順調に進んでいくなか、発生する殺人事件。そして容疑者として教え子があがる。五味は教え子を守るため事件解決を目指す。殺人事件の話よりは、親子にやはり注目してしまう。後半まで娘結衣の登場はあまりないが、最後のエピローグのシーンでグッと来る。結衣の叫び、そして自分に娘がいたことをはじめて知る高杉。このシーンは涙なしで語れない。ますます高杉が好きになる。これではシリーズ次作を読まざるをえないな。2020/08/05

Yunemo

80
確かに面白いな、との感じで読み進め。でも、何となく、人物設定に無理があるなとか、いろんな要素を詰め込み過ぎじゃないとか、ある種現実離れ感もして。警察官不適格者の存在、これって一般企業にも言えること。ただ、不適格者を炙り出すことのために警察学校という短期職業訓練校が存在するんだ、この解釈で納得感。いろんな性格を持った人達をどう教育していくのか、というより警察官という職業に馴染ませていくのか、なかなか解釈しずらい世界だな、というのが本音の感想。登場人物それぞれが魅力ある存在として描かれ、この関係が微笑ましい。2018/07/08

ゆみねこ

73
53教場シリーズ第2弾。五味が教官になり助教官が高杉、40人全員卒業を目指すが近くの多磨霊園で射殺体が発見され学生が容疑者に。個性豊かな学生たちは抱えているものも違うが、隣の長田教場の学生たちまで面倒を見ることに。血の繋がらない娘・結衣との絆、綾乃の想いは届くか?そして高杉と五味のコンビは最高!次を読むのが楽しみ。面白かった!2024/01/19

さっこ

69
53教場シリーズ第2弾。今作も面白かったです。多磨霊園で発生した殺人事件で、五味教官の生徒が容疑者に挙げられる。警察学校の生徒たちの抱える背景や成長、そして教官たちの人間模様が読み手を飽きさせない。最初は日菜にイライラさせられて腹立たしい思いだったけれど、最後は日菜も公佳も可哀そうだったな。五味教官と結衣、そして高杉教官との関係にも変化が訪れて終了。第3弾も楽しみ。2021/06/02

えりこんぐ🐤

65
シリーズ第二弾。いよいよ五味&高杉の53教場がスタート。「全員卒業」を目指すも、学生が殺人事件の容疑者にされて..。複雑に入り組んだ人間模様で、今回も読み応えがあった。こりゃ全然ダメだわと思った綾乃との関係も、ほんのすこーしだけど変化してきて驚き。娘との関係もどうなるか、今後も楽しみ。【積読27】2020/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12792893
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。