角川文庫<br> お引っ越し

個数:
電子版価格
¥616
  • 電書あり

角川文庫
お引っ越し

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月16日 23時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041061657
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

これを読んだら、今晩、家の扉をひらくのが怖くなる、かもしれない――

内見したマンションはおしゃれな街のおしゃれな造り、環境も間取りも条件も申し分ない。ここに決めてしまおうか? 
しかし白い壁に小さな穴を見つけたキヨコは、そこからじわじわと“イヤな感じ”が広がっていくのを感じるのだった……。
片付かない荷物、届かない段ボール、ヤバい引っ越し業者、とんでもない隣人――
きっとアナタも身に覚えがある引っ越しにまつわる6つの恐怖。
ベストセラー『殺人鬼フジコの衝動』の著者にして“イヤミスの女王”、真梨幸子が
引っ越しにまつわる不気味さと、じわじわくる恐怖を描いた出色のサイコミステリ!





内容説明

内見したマンションはおしゃれな街のおしゃれな造り、環境も間取りも条件も申し分ない。ここに決めてしまおうか?しかし白い壁に小さな穴を見つけたキヨコは、そこからじわじわと“イヤな感じ”が広がっていくのを感じるのだった…。片付かない荷物、届かない段ボール箱、ヤバい引っ越し業者、とんでもない隣人―きっとアナタも身に覚えがある引っ越しにまつわる6つの恐怖。イヤミスの女王の筆が冴えるサイコミステリ!

著者等紹介

真梨幸子[マリユキコ]
1964年宮崎県生まれ。2005年『孤虫症』で第32回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

176
引っ越しがテーマのイヤミス短編集。全編面白くて止められなくてあっという間に読了。読了後の嫌な感じと、どんでん返しの結末の意味を理解したときのゾッとする感じがたまりません。何気にどの話もリンクしていて最後の『紐』で最初の話の結末に戻ってスッキリ(?)しました。引っ越しするときは部屋選び、環境確認必須だなと思いました。2018/09/12

夢追人009

169
イヤミスの女王・真梨幸子さんの「お引っ越し」あるある?なブラックな笑いの6つの都市伝説系恐怖短編集。怖いのは当然として何処かに黒い笑いが潜んでいる現代怪奇譚の味わいですね。最後の解説も著者ご自身が書かれていて鯛焼きの様に頭から尻尾までたっぷりと楽しめましたね。登場人物全員がカタカナ表記で海外ミステリを読む感じもありますね。中森明菜さんの名曲「DESIRE」の歌詞「ゲラッ・ゲラッ」を聴くのが怖くなりましたね。全編に登場するアオシマは伊坂幸太郎さんの千葉と同業者ですが、昔東京都知事だったあの方とは別人ですね?2019/04/09

nobby

165
やーやー、そういうことか…解説は7篇目としての「解説」なんだね!『お引っ越し』にまつわる短編集を表すなら都市伝説ホラー。「扉」「机」など部屋のパーツをタイトルにした6話ともに、それなりにゾッとはさせられるものの、正直アッサリ消化不良…やっぱり真梨さんは長編イヤミスだなと思っていたら、そこはタダでは終わらせないのはサスガ!実質30頁弱の最終篇で各話の曖昧さを解説して、新たに植え付けられた半端でない恐怖には身震い止まらず…そしてまた崩れた昭和の名曲(笑)「ゲラッ、ゲラッ、ゲラッ」とくれば♬︎バーニラーだから…2020/09/21

zero1

164
イヤミスの女王が放つ、引っ越しに関するホラー短編六つ。ホラーや都市伝説が好きな方に薦めたい。DVに人肉食、閉じ込めなど。住居だけでなくオフィスの引っ越しもある。すぐに読めるが「殺人鬼フジコの衝動」を読んでいれば免疫ができている。免疫が無い方は体感温度が3度下がる?解説までホラーしているのがいかにも真梨流。元都知事と同じアオシマがキーマン。この作家の作品に慣れてない方には複雑?湊かなえ、沼田まほかるとともに真梨の思考回路を見てみたい。2019/08/07

おしゃべりメガネ

146
久しぶりの真梨さん作品。コンスタントに作品を書かれていて、なかなか追いつけてないのが実情です。イヤミス作家さんとして、確実にポジションを固めていますよね。今作は'引っ越し'をテーマに描かれる不思議でヒヤヒヤする連作集です。一編あたりのページ数が少なく読みやすいのですが、ヒヤヒヤ感はしっかりと濃厚です。サスペンスであり、ホラーであり、ブラックコメディでありと改めて作者さんの多才ぶりを見せつけてくれます。終始登場する謎の人物「アオシマ」さんが謎めきすぎていて、自分も願わくば「アオシマ」さんには会いたくないな。2020/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12418057
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。