角川文庫<br> 悪いものが、来ませんように

個数:
電子版価格
¥660
  • 電書あり

角川文庫
悪いものが、来ませんように

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041044421
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

緊迫感あふれる二人の関係から目を逸らせない。――作家 小野不由美助産院の事務に勤めながら、紗英は自身の不妊と夫の浮気に悩んでいた。誰にも相談できない彼女の唯一の心の拠り所は、子供の頃から最も近しい存在の奈津子だった。そして育児中の奈津子も母や夫と理解し合えず、社会にもなじめず紗英を心の支えにしていた。二人の強い異常なまでの密着が恐ろしい事件を呼ぶ。紗英の夫が他殺体で見つかったのだ。これをきっかけに二人の関係は大きく変わっていく! 一気読みが止まらない、そして驚愕のラスト! 「絶対もう一度読み返したくなる!」「震えるような読後感!」と絶賛された傑作心理サスペンス!(解説:藤田香織)

芦沢 央[アシザワ ヨウ]
著・文・その他

内容説明

助産院に勤める紗英は、不妊と夫の浮気に悩んでいた。彼女の唯一の拠り所は、子供の頃から最も近しい存在の奈津子だった。そして育児中の奈津子も、母や夫、社会となじめず、紗英を心の支えにしていた。そんな2人の関係が恐ろしい事件を呼ぶ。紗英の夫が他殺死体として発見されたのだ。「犯人」は逮捕されるが、それをきっかけに2人の運命は大きく変わっていく。最後まで読んだらもう一度読み返したくなる傑作心理サスペンス!

著者等紹介

芦沢央[アシザワヨウ]
1984年東京都出身。2006年千葉大学文学部史学科卒業。12年『罪の余白』で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

662
読みやすく、続きが気になり一気に読了しました。帯にあったように確かに騙されました。これは活字で読むからこそ表現できる騙しだなと思います。皆子供を思う気持ち、子供を欲しい気持ちに変わりないのに何か皆おかしい。自分は正常な考えだと思っていても怖いかもしれないと思いました。2019/12/01

青乃108号

558
また、この類いの本にあたってしまった。多いなぁ。この類いの本では、この類いであるばっかりにどうにも奥歯に物が挟まった様な、肝心なところはぼやかした様な書き方がされるので読んでいて段々ストレスを感じてくる。この類いの本は、ぼやかしてあいまいに書く事でごまかしていた核心部分をようやく終盤になって明かしてくれるわけだが何かもう、ちょっとこの類いの本は遠慮したい。二度読みを強いて来る姿勢からして好きでない。答え合わせの為の二度読みなんかしたくない。ストレスなく読めて一読ですっきり満足できるそんな本を読みたいのに。2023/02/19

さてさて

416
『おねえちゃんたちは共依存なんかじゃないんです』。そんな風に証言される奈津子と紗英という二人の女性に交互に視点を切り替えながら展開するこの作品。そこには“最後まで読んだらもう一度読み返したくなる”という謳い文句が伊達ではない”騙される快感”に浸らせてくれる物語がありました。”サスペンス”らしい文章表現に魅せられるこの作品。騙されないぞ!と息巻いても騙されてしまう現実に芦田さんの緻密な物語設計を感じるこの作品。次こそは騙されないぞ!と思う一方で、”騙される快感”から抜け出せなくなるようにも感じた作品でした。2024/01/07

イアン

320
★★★★★★☆☆☆☆ 芦沢央のタイトルが長いシリーズ第1弾。不妊に悩む紗英とその良き相談相手である奈津子の視点で物語は進行する。帯に「99%の人が読み返す」と謳ってあるとおり、終盤まで〝ある事実〟が巧妙に隠されており、それが分かると違和感のあったいくつかの模写が実は伏線だったと気付く。この部分が事件の本筋に絡んで来ないのがやや惜しいけど、叙述トリック好きなら読んで損はないかも。ただ、叙述モノだと知って読むと驚きも半減なので、未読の方は帯を外して書棚に2年程寝かせた後に読み始めることをお勧めします。2020/08/11

bookkeeper

306
★★★☆☆ 初読。夫の不倫と子供ができない事に悩む紗英と、望まない妊娠と報われない子育てに疲れている奈津子は仲良し。共に鬱屈した思いを抱えながらも慰め合い、支え合って生きている。合間に挟まれる関係者の証言によると、どうも良からぬ事が起きるらしいのだが…。  何の予備知識も持たず読んでいて、所謂「イヤミス」かと思っていたら、うん?何?不意に立ち眩みの様な感覚と共に、想定していなかった世界の姿が露わになる。えぇ…そうなの?勝手な思い込みをしてた私が至りませんでした。まんまと作者の思う壺…。だが、それがいい。2019/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11110969
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。