カドカワBOOKS<br> 公爵令嬢の嗜み〈2〉

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

カドカワBOOKS
公爵令嬢の嗜み〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月13日 07時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784041041802
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

働くお嬢様、社交界から追放――からの、王都凱旋!?

前世の記憶を活かして商会を設立し、領地の経営も軌道に乗せた私こと令嬢アイリス。とは言え、王子に婚約破棄をされた身。一生結婚せず領地に籠もって生きていく…と思いきや、王城からパーティの招待状が届いて!?

【著者紹介】
HASH(0x3d92978)

内容説明

「お嬢様!一大事でございます」生まれかわって、気がつけば乙女ゲームの悪役令嬢としてバッドエンドを迎えていた私こと、令嬢アイリス。社交界から追放されて、領地に引きこもって経営をしたり商会を立ち上げたりしたけれど、突然、王宮から舞踏会への招待状が来ました…って、私が出てもいいものかしら?白い目で見られるのを覚悟で出席したけれど、なんだか想像していたのとは違うかも?ワーキングお嬢様、社交会に返り咲き―!?

著者等紹介

澪亜[レイア]
『公爵令嬢の嗜み』を執筆してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まんがジジィ

28
闘う公爵令嬢のお話し。 教会に住む子供のためにした事を逆手に取られピンチに追い込まれるお嬢様。 自分の弱さも知り部下(アイリスは友人と思っている)に助けてもらうのであった。♪ 2016/12/14

dorimusi

17
続きを買うか迷ってたけど、図書館にあったので借りて流し読みした。 商売や領政に関する転生前の知識を元にした施策をいろいろ行っているが、どれも世界観からすると革命的な変化なのに概要をサクッと話しあって、やって、そこそこうまく行くと。絶対に巻き起こるであろういろんな課題が流される違和感にはライトノベルだしなで納得できて、体言止め多用文章をカッコイイって思えればイケると思う。 私は結構気になるのでストーリー追いながら流し読みで。2021/12/03

宇宙猫

17
★★★ 内容が薄いわけでもないけどサラサラ読める。頑張るお嬢様と腹黒王子の展開が気になる。2017/08/18

リディア

15
今回はお仕事より社交と陰謀の話。元婚約者の第二王子はダメダメ。昔のアイリス趣味悪すぎてしょう。ディーンの『私は貴女のモノ』って告白ですよね。イラストがみんなイケメンで誰とくっついてもOKなかんじですがやっぱりディーンとがいいです。2019/02/22

しろね

13
社交界から追放された令嬢アイリスが舞踏会に挑むところから始まります。とても煌びやかな世界だけど、狐と狸の化かし合いとも言われるような駆け引きが面白かったです。アイリスがとても美人で聡明かつ強い信念があるから、読んでて苦難があっても乗り越えられるだろうという安心感がありました。個人的に王太后がアイリスとメルリスにとても執着してるのも百合っぽくて好きです。2020/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10757705
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。