角川文庫<br> 愛の国

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり

角川文庫
愛の国

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 19時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 528p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041031766
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

世界の果てまで歩いたら、この愛は赦されるのだろうか-恋愛小説の金字塔!

満開の桜の下の墓地で行き倒れたひとりの天使――。昏い時代の波に抗い鮮烈な愛の記憶を胸に、王寺ミチルは聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す。愛と憎しみを孕む魂の長い旅路を描く恋愛小説の金字塔!

内容説明

ファシズム政権下で同性愛が禁じられている近未来の日本。ミチルは、公演中の落下事故で記憶と最愛の人を失った。秘密警察に追われ、収容所へ送られてしまうが、レジスタンスに助けられ、自分が何者なのかを問いながら巡礼路を歩き続ける。十字架を背負い、苛酷な運命に翻弄され、四国遍路からスペインの聖地へ。孤独な魂の遍歴と救済、壮絶な愛のかたちを描いた王寺ミチル最後の黙示録。文庫版のみ台湾版前書きを特別収録。

著者等紹介

中山可穂[ナカヤマカホ]
1960年生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒。93年『猫背の王子』で作家デビュー。95年『天使の骨』で朝日新人文学賞を、2001年『白い薔薇の淵まで』で山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yokki

12
「猫背の王子」「天使の骨」に続き3作品目。 完結編。 ミチルさんにどハマりして、2日で読み終えてしまった。 同性愛を感じられた、ナチス政権のような偏った独裁政治をしているという、別次元の日本のお話。 30代になってもミチルさんは皆から愛され、助けられ、死にたいと思っても死に切れず、もがきながら人生を歩んでいく。 人間、切っても切れない縁というものがあるのかな。 悲しい辛い部分もあったけれど、読んでよかった、すごく面白い作品でした…!2018/03/27

せら

9
完結編から読んでしまいました。前作を読んでなくても楽しめました。シリーズ最初から読みたいです。2018/04/26

ゆいまある

9
同性愛が禁じられた近未来。主人公は芝居の天才。女性は誰しも彼女に惚れる(バンコランみたい)。秘密警察を避けて、歩き遍路に化けて四国を巡礼(これを四国で読む幸せ)。しかし収容所に入れられてしまい、そこで運命の出会いが。最後は独裁政権に抗う戦いに巻き込まれる。狂気のような愛のために。自己愛の強い設定なんだけど、正直で澄んだ文章に強く胸を打たれる。豪華絢爛な舞台の世界や、タンゴに酔ううちにあっという間に読み終えた。やはり中山可穂作品は全て買って読むと決めた。2018/01/17

Ciel

8
ラストは何だかあっけなかった気がする。全2作については、忘れているのがほとんどだったので、これが初めてという気持ちで読むことができた。それでも、面白いというか惹かれる。こんな日本になって欲しくない。文学の世界だけじゃなく現代でも当たり前に思われる世の中になって欲しいと願う。 ミチルは愛の国に行けているといいな。2016/09/15

蓮華

6
中山さんの小説を読む時には、それなりの覚悟が必要だと思う。物語はまるで自分事のように思え、胸が重くなる。涙が溢れる。しかし私は、自らその状況を欲してしまう。今回の作品では、それらが特に顕著に現れた気がする。どうしても現世と切り離して捉えることができなかったからだろうか。ミチルさんのことをもう、愛せずにはいられない。そして私はやはり、中山さんを尊敬しているし愛しているとあらためて感じた。彼女の実直さや強さ、命を捧げてまでして書いているかのような熱量。血のかよった文章。中山さんが小説家で本当に良かった。2022/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10129951
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。