角川文庫<br> 遺跡発掘師は笑わない―まだれいなの十字架

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
遺跡発掘師は笑わない―まだれいなの十字架

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年11月27日 08時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 367p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041022993
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

天才・西原無量が派遣された島原のキリシタン遺跡で、天正遣欧少年使節ゆかりとみられる黄金の十字架が出土。しかしそれは仕込まれた遺物だった。捏造工作の裏に隠された陰謀とは!? シリーズ第3弾!

内容説明

天才発掘師・西原無量が手がけることになった長崎県南島原市、日野江城下のキリシタン遺跡から、天正遣欧少年使節団ゆかりとみられる黄金の十字架が出土する。だがそれは何者かが意図的に仕込んだ、いつわりの遺物だった。捏造疑惑に巻き込まれ窮地に陥った無量を、つらい過去の記憶が容赦なく苛む。果たして誰が、何のために十字架を埋めたのか。そして事件の裏に張り巡らされた驚くべき陰謀とは…?シリーズ第3弾!

著者等紹介

桑原水菜[クワバラミズナ]
千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。「風駆ける日」で1989年下期コバルト・ノベル大賞読者大賞を受賞後、90年『炎の蜃気楼』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

papako

69
発掘シリーズ3。今回は長崎。島原の乱から原爆まで、信仰のため、日本のために生きた人たちの思いがよみがえる。『遺物捏造の罪』をミゲルに語る無量の気持ちが全てを表していましたね。事件もその裏にある事情も重いのに、無量や萌絵の軽さとノリで読みやすい。萌絵、キライなキャラっぽいのにな。なんかいいんです。忍さん、どうなるの?敵なの?味方なの?2020/02/25

Bugsy Malone

62
シリーズ第3作目。今回の舞台は長崎県島原市のキリシタン遺跡。出土した黄金の十字架捏造事件。天正遣欧少年使節団を発端に島原の乱、大東亜戦争終結秘話にまで話は及び、学生運動の昏い歴史が事件に陰を落とす。ここで描かれている戦争和平工作は事実上起こりえたのか?もし本当にあった出来事だとし、成功したなら日本はどうなっていたのか?驚愕と共についそんな事を考えてしまいました。遺物捏造を許さない無量、無量を守る忍と萌絵も良かった。今作は中身も濃く特に面白かったです。2016/12/18

青蓮

61
大分読みやすくなってきましたね。無量&忍&萌絵の役割分担もはっきりして。今回はトラウマで随分苦しめられた無量が可哀想だったなぁ…。2017/03/10

ゆう

36
あれ?これってシリーズだよね??っていうくらい前の2作とカバーイラストの雰囲気が違うことにまずびっくり。今回は長崎、キリシタンが題材で異国の雰囲気がたっぷり。無量のトラウマで重くなりがちな流れも要所要所で出てくる萌絵の一直線な感じに救われた。忍ちゃんの掴めない行動にソワソワというかゾワゾワというか。これからどうなっていくんだろう。2015/09/01

34
シリーズ3作目は長崎を舞台にキリシタンの史跡発掘。迫害と戦争の歴史が残す鎮魂の思いが、黙して語らぬ老人の深い悲しみとなってひたひたと胸に迫る。今回は無量の天敵みたいな人物、如月の登場や、忍の背後に見え隠れするJK(女子高生にあらず)や組織の陰もほんのり見えてきて、2人の内面にある葛藤や鬱屈が感じられた。忍の立ち位置もぼんやりだが察せられ、今後の立ち回りや、無量の弟子候補、ミゲルの参入による微妙な4角関係(?)の今後など色々気になるところ^^それにしてもカメケン、イケメン率高いですね~^^;2015/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9787872

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。