角川文庫<br> 開国の使者―ペリー遠征記

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

角川文庫
開国の使者―ペリー遠征記

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月15日 07時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 400p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041018293
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

日本開国の真相とは!?世界史的な視点で幕末史を塗り替える長編歴史小説1852年、マシュー・カルブレイス・ペリーは日本開国の任務のため東インド艦隊司令官に就任した。日本へと遠征したペリーを待ち受けていたのは、開国を迫る世界各国と幕府高官たちだった……。

佐藤 賢一[サトウ ケンイチ]
著・文・その他

内容説明

1852年、マシュー・カルブレイス・ペリーは東インド艦隊司令官に就任した。太平洋航路開設に向けた日本の開国と国交樹立が任務である。世界における祖国の優位性確保のため大任を引き受けたペリーは、翌年エド湾の西側にあるウラガという町の沖に船を進めた。だが、ジャパン政府との交渉を優位に進めたい彼の前に、開国を迫る世界各国と幕府高官が立ちはだかった…。世界的な視点で幕末史を塗り替える、著者渾身の歴史小説。

著者等紹介

佐藤賢一[サトウケンイチ]
1968年、山形県生まれ。山形大学卒業後、東北大学大学院で西洋史学を専攻。93年、『ジャガーになった男』で第6回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。99年『王妃の離婚』で第121回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スー

12
ペリーといえば軍艦で日本を脅して開国させた人で傲岸不遜な人物という印象でしたが日本に来る前や後に何をしていたのか?何をしたのか?どんな人物なのか?開国以外何も知らなかったので購入しました。ペリーの家は海軍一家で兄は伝説的な人物で常にペリーの誇りであり目標で超えたい存在だったようです。日本を開国させられれば兄を超えられると張り切っていたようです。当初予定していた大艦隊は中国の問題やお金で実現出来なかった。二回目の来港時は林大学頭が対応にあたりペリーは交渉で主導権を奪われかなり追い込まれたようです。意外でした2017/02/06

クサバナリスト

10
黒船来航のペリー。日米和親条約のペリー。教科書知識でしか知らなかったペリーが物語を通じて人間味をもって認識できた。また、よくある幕末小説と違い、ペリーからみた黒船来航が新鮮だった。でも一番最初驚いたことは、ペリーが還暦の頃にやって来たこと。四十代の現役バリバリ司令官だとずっと思っていた。2015/04/01

TheWho

9
幕末の大事件「黒船来航」の当事者であるペリーが、自ら語る黒船来航の意義と信念、そして内実。幕末史を世界史的観点から解き明かす歴史絵巻。何故ペリーは、日本に来たのか?浦賀沖だったのか?二度の来航だったのか?そして日米和親条約の本質とは?等々・・ 日本から見た幕末史では単純な観点で解釈していた事象が、ペリー本人の視点で世界史の渦の中で巻き込まれている当時の日本が、ありありと描かれている。幕末の日本を世界史の中で再認識する興味深く面白い一冊です。2014/05/18

大岩

8
そうか、日本にこんな非常な衝撃を与えたペリーでもアメリカではあまり知られていないのですね。おそらく当時のアメリカ人たちは、幾つかの戦争を経て自分たちの国が世界第一の超大国になることも、ペリーが開いたこの国がアメリカと貿易摩擦を起こすほどに工業立国になることも予想だにしなかったでしょう。解説にもありましたが、プロローグとエピローグに当時のアメリカの状況を伺える描写があります。まだまだアメリカも新興国(であり新生国でもあります)で、ペリー来航は南北戦争が始まるか始まらないかと同時期のことだったんですね。→2014/06/05

マル

7
ペリー、そう言えば日本のターニングポイントになった人物の事を知らないと手に取る。 何故、彼が開国を迫ったのか? ペリーが見る日本、日本人とはも描写。 黒船に脅され止む無く開国したイメージだったが、そればかりではない事もわかった。2019/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8049027
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。