角川文庫<br> ロスト・シンボル〈上〉

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
ロスト・シンボル〈上〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月23日 05時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 334p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041004432
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

『ダ・ヴィンチ・コード』のラングドンシリーズ第三弾!

キリストの聖杯を巡る事件から数年後。ラングドンは旧友であるフリーメイソン最高幹部ピーター・ソロモンから急遽講演を依頼される。会場に駆けつけた彼を待ち受けていたのは、切断されたピーターの右手首だった!

内容説明

世界最大の秘密結社、フリーメイソン。その最高位である歴史学者のピーター・ソロモンに代理で基調講演を頼まれたラングドンは、ワシントンDCへと向かう。しかし会場であるはずの連邦議会議事堂の“ロタンダ”でラングドンを待ち受けていたのは、ピーターの切断された右手首だった!そこには第一の暗号が。ピーターからあるものを託されたラングドンは、CIA保安局局長から、国家の安全保障に関わる暗号解読を依頼されるが。

著者等紹介

ブラウン,ダン[ブラウン,ダン][Brown,Dan]
1964~。米ニューハンプシャー生まれ。アマースト大学を卒業後、英語教師から作家へ転身。1998年『パズル・パレス』でデビュー。2003年、4作目となる『ダ・ヴィンチ・コード』を刊行、1週目からベストセラーランキング1位を獲得し、各国でも次々に翻訳出版され、社会現象といえるほどの驚異的な売れ行きとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

173
ダビンチコードと同様の雰囲気。フリーメイソン,ワシントンDC,スミソニアン博物館。キャサリンとピーターのソロモン兄妹。ピーターから呼び出されたラングドンが出向くと事件が。読み進むうちに,何が現実で何が創作かが分からなくなるところが不安。そんなかっこいい人生もあるんだろうな。発見角川2013/08/28

mariya926

129
ラングドン教授のシリーズ3作目でした。先にインフェルノを読んでいました。今回はフリーメイソンの真相に迫りつつも、陰謀説と誤解されている…という感じなのですね。33段階目の議長の手首が出てくるのに、フリーメイソンからは何も言われないのかな?この作家さんは、顔も存じないですが、カトリック教会をズタボロに暴いたり、訴えられたりしないのか不安になります。大体1冊目で不安を感じて、2冊目3三冊目でラストが気になり一気読みが多いシリーズですが(笑)今回は古代の知恵も気になります。2021/07/10

absinthe

99
無残にも切り取られ、残された親友の手。謎のピラミッドの手がかりを追ってワシントンの連邦議会議事堂を駆け巡るラングドン。スピード感は相変わらず、さすがダンブラウン。量子力学と心理学の融合?人間原理の拡大解釈だろうか?うーん。嫌な予感。量子力学をこうやって拡大解釈する話は正直引いてしまうが、ダンブラウンだから面白くしてくれるに違いない。中巻へ続く。本来ならあり得ない面子による捜査開始だが、納得させてしまう力量はさすが。 2016/03/03

どんちん

95
久しぶりのラングドンシリーズ。この展開は、まさにダン・ブラウン作品だ。前2作と同様にこの展開が交差するところはいつかとドキドキしながら…なんだ、上巻では、やはり交差しないんだぁ!とわかっていながらも、出し惜しみするなぁって感じですw まぁ中巻ではきっと、スピード感(ドタバタ的?)ある展開の中で交差するのであろうとは思っているがww 嘘か真かわからない?講釈(ウンチク?)に毎度毎度感心しつつ…どんなびっくりが待っているか、いざ中巻へ!2014/05/06

りか

83
不思議と今作はあんまりスピードを感じなかった。久しぶりだからかな?最後のページでやっと勢いを感じ始めたので、このまま中巻に行きます。しかしサトウが鬱陶しい(笑)2014/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5283983

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。