角川文庫<br> 隣之怪 蔵の中

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

角川文庫
隣之怪 蔵の中

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 20時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 251p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041002056
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

出版社内容情報

語り継がれる怪談が、あなたの隣にも…。

父の実家には蔵があり、夜になるとそこから宴会の声が聞こえてきました。幼かった私が楽しそうな声に誘われて扉を開けた途端、人の気配がふっと消えました。そして蔵にまつわる恐ろしくも哀しいお話を聞いたのです。

内容説明

小学校の夏休み、父の実家の蔵からは、夜になると宴会の声が聞こえた。しかしその晩、大人たちは早く寝たという。翌日の夜、楽しそうな声に誘われて蔵の扉を開けたところ…。蔵にまつわる恐ろしくも哀しい話(「蔵の中」)。自宅で娘の遺書を発見した妻が倒れた。暖かい部屋にいるのに、恐ろしいほど体温が下がっている。そして妻の口から驚きの言葉が…(「白い息」)。恐怖と感動が絶妙にブレンドされた、怪談シリーズ第2弾。

著者等紹介

木原浩勝[キハラヒロカツ]
怪異蒐集家。マンガ・ドラマCDの原作の他、出版、ゲーム、公式携帯サイト「怪談百物語新耳袋」等のプロデュースを手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

緋莢

12
夏休み。父の実家で過ごしていた私は、夜になると楽しそうな宴会の声を聞いた。だが、翌日聞いてみると、大人たちは皆、宴会などせず、早く寝たという。次の夜も聞こえてきたので、その声の方に向かってみると、そこには蔵があった。私の話を信じなかった母と共に、蔵の扉を開けてみると・・・表題作他、全15編が収録された怪談シリーズ第2弾。2014/07/14

クナコ

7
初読。「新耳袋」編者が同シリーズに入れられなかった話の数々。因果の深い話が多々あるなかに、やはり実話怪談らしいオチのわからないもやっとした終わり方の話も混じっている。やはり表題作に一番力が入っている構成だが、抱き合わせの作品もなかなか印象深い。「凶宅」「四人目」「ゲネ」「白い息」なんかは少し膨らませれば奇談系の短編小説として発表できる気がする。2021/09/15

みくろ

6
新耳袋や九十九怪談とはまた一味違う隣之怪シリーズ。同シリーズの木守りに比べて今作の方が怖かったような気がします。特に「女子寮」「団地」は怖かった…。「女子寮」のようなお話は普段ならそこまで怖いと感じないのですがこの話に限っては何だかゾっとしてしまいました。正体が分からないものや不思議なお話が多い中、見えるし来るしでそういう意味でも異質な気がします。一方で「百円」や「あれとって」は感動できますね。やはりこの隣之怪シリーズは一人称視点というのもあるのか、他の怪談集に比べ個人的には恐怖が倍増する気がします。2012/06/02

屋根裏の散歩者

4
怪談師匠から下賜された本。新耳袋シリーズの著者と同じなんだけど、こちらは百物語形式ではなく、短編がいくつか載ってるという形式。百物語形式の方は、一話一話がかなり短くてあまり突っ込んだ描写とかはないんだけれど、この本は話数が少なく、一話にある程度のページを割いているので、けっこう詳細に語られてて面白かった。他の方もレビューでおっしゃってるように「女子寮」がかなりコワかった…てか、この話に出てくる、アパートの廊下をフラフラしている女の「ひーーぃぃぃ」って声が、字面だけでは実際どんな声なのか想像もつかないwww2013/08/11

4
「女子寮」が断トツ怖かった…。「桜の墓」は、自分の身に起こったら、恐怖と親しみのどちらが勝るだろうか…などと考えた。全体的に“物質感”のある怪異が多くて、それが本当に嫌〜な怖さ。2013/05/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4646572

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。