富士見ファンタジア文庫<br> 死亡退場するはずの“設定上最強キャラ”に転生した俺は、すべての死亡フラグを叩き折ることにした

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
死亡退場するはずの“設定上最強キャラ”に転生した俺は、すべての死亡フラグを叩き折ることにした

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月22日 02時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 358p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040749488
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

前世で好きだった『ヴァリアブレイド』というゲームの世界に転生した主人公。
問題なのは、転生したキャラが本編開始前に死亡している“設定上は最強”と呼ばれる
謎多き戦士、ジル・ハーストだったこと。
ゲームの世界については知り尽くしているのに「自分がいつ、なぜ死ぬのか」だけ、わからない。
 前世のゲーム知識を基に何とか死を回避しようと試みるも、“生前、彼が護衛をしていた”王女・セレインと、
設定通りに出会ってしまったジルは、ついにその最強の力をもって、すべての死亡フラグを迎え討つことに決めるのだが――!?
 新時代の運命改変×学園無双ファンタジーが、幕を開ける!

内容説明

前世で好きだった『ヴァリアブレイド』というゲームの世界に転生した主人公。問題なのは、転生したキャラが本編開始前に死亡している“設定上は最強”と呼ばれる謎多き戦士、ジル・ハーストだったこと。ゲームの世界については知り尽くしているのに「自分がいつ、なぜ死ぬのか」だけ、わからない。前世のゲーム知識を基に何とか死を回避しようと試みるも、“生前、彼が護衛をしていた”王女・セレインと、設定通りに出会ってしまったジルは、ついにその最強の力をもって、すべての死亡フラグを迎え討つことに決めるのだが―!?新時代の運命改変×学園無双ファンタジーが、幕を開ける!

著者等紹介

としぞう[トシゾウ]
第6回カクヨムWeb小説コンテスト、異世界ファンタジー部門“特別賞”を『死亡退場するはずの“設定上最強キャラ”に転生した俺は、すべての死亡フラグを叩き折ることにした』で受賞しファンタジア文庫からデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

34
前世で好きだったゲーム『ヴァリアブレイド』にしたものの、転生したのが本編開始前に死亡している設定上最強と呼ばれる謎多き戦士ジル・ハーストだったことで試行錯誤が始まる学園ファンタジー。ゲームの世界は知り尽くしているのに「自分がいつ、なぜ死ぬのか」だけわからない。何とか死を回避しようと試みるも、彼が護衛をしていた王女セレインと、運命の出会いを果たしてしまうジル。いきなり一緒に攫われてサルヴァとの激闘があったり、入学した学園でも現段階で絶対的な強さがあるわけでもなく、魅力的なキャラを絡めたこれからの展開に期待。2023/04/21

まっさん

22
★★ 作者買いした作品。物語はある日やり込んでいたゲームの世界に転生してしまった主人公・ジルが、死キャラとして描かれた自身の運命を打破する為に奮闘するお話でした。 この手のゲームや漫画内の世界に転生、そのキャラクターは最強キャラで且つ知識を用いて無双する系の話は沢山ありますが、今作の面白い所は転生したキャラクターがストーリー開始時では既に個人である所。明かされている情報は少なく、設定上では最強ではあるものの本編開始時点で既に退場済みでその経緯もまるで明かされていないという、ジルにとっては自身の死が近→2023/05/02

わたー

20
★★★☆☆著者の別作品が好きだったので読んでみたが、私向きの作品ではなかったかなと。ゲーム世界に転生した主人公は、自身がゲーム本編では既に死亡退場しているキャラに転生していることに気が付き、死に関係しそうな因縁を回避しようとする異世界転生モノ。と、あらすじやタイトルにはあるのだが、言うほど死亡フラグを回避できているかと問われると疑問符がわく。そもそもゲームでは存在が仄めかされているだけのキャラと言うこともあり、そこまで死亡フラグが可視化されているわけでもないというのもあって余計にそう思った。2023/05/08

藤@低浮上

18
自分がファンタジー系の小説が好きなんだと改めて実感しました。 転生した主人公がフラグを叩き倒そうとしてるにも関わらず、フラグに繋がるイベントに自ら突っ込んでいってしまうそんな小説でした。2023/06/15

rotti619

13
いわゆるゲーム世界で最強のキャラへ転生して人生やり直し…という超テンプレの設定に見せかけて、そのキャラはゲーム開始前に死亡しているだけでなく、その最強の能力は『負けフラグと死亡フラグイベントに使用すると確実に負けるか命を落とす』という、死亡フラグを回避する為には自力で成し遂げなければならない、というのがミソ。更にどのイベントが死亡フラグなのか不明な為、無闇に使えないというジレンマが作品に緊張感を与えている。幸い主人公ジル自身の地力は高い為、王女セレインの護衛は上手くいったがそれ以外はこれからのお楽しみ。2023/05/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20956159
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。