富士見L文庫<br> 華炎の葬奏

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

富士見L文庫
華炎の葬奏

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月03日 09時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040749105
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 現代社会の裏側、呪術師たちのオークションへ、深凪は自身を売りに出した。その価値は、一夜にして滅んだ呪術界の名家・櫻木家の唯一の生き残りであること。対価に望むのは、櫻木家を滅ぼした怨霊『黒の御方』の調伏。会場の誰もが躊躇うなか、一人の青年・祀鶴が名乗りを上げる。彼こそ呪術師たちに忌み嫌われる術師殺しの一族・錦野家の現当主だった。
「その覚悟に敬意を表して、お前を買ってやる」そんな祀鶴の手を取る深凪。調伏を望む『黒の御方』が、自分を虐げてきた義母の、怨霊と化した姿だと知って――。

内容説明

現代社会の裏側、呪術師たちのオークションへ、深凪は自身を売りに出した。その価値は、一夜にして滅んだ呪術界の名家・櫻木家の唯一の生き残りであること。対価に望むのは、櫻木家を滅ぼした怨霊『黒の御方』の調伏。会場の誰もが躊躇うなか、一人の青年・祀鶴が名乗りを上げる。彼こそ呪術師たちに忌み嫌われる術師殺しの一族・錦野家の現当主だった。「その覚悟に敬意を表して、お前を買ってやる」そんな祀鶴の手を取る深凪。調伏を望む『黒の御方』が、自分を虐げてきた義母の、怨霊と化した姿だと知って―。

著者等紹介

硯朱華[スズリハネズ]
第3回富士見ノベル大賞への応募作「宮廷書庫長の御意見帳」が、選外ながらも審査員の好評を博す。改稿のうえ当該作にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダージリン

23
呪術系のアクションと、恋愛というよりは血は繋がってないけれど家族的な暖かみがとても良かったです!2023/07/07

にゃうぴょん

8
面白かったです。呪術師のオークションに自分自身を売りに出した深凪。彼女が家族の温かさを知り進んで行けるようになって良かったです。まだまだ解決してない謎もあるので続きが出たら読んでみたいです。2023/09/25

色素薄い系

4
これは続きが出たら面白くなりそうな気がする。一番驚いたのは祀鶴が高校生だった事だよ。その年齢で当主とか絶対錦野の家の中で認めてない人いるでしょ。まぁここら辺は今回の事件とは関係ないけど。深凪が最後深凪として受け入れてくれる場所を手に入れた事で自己主張(と言っても喜怒哀楽を示すくらいだけど)出来るまでに成長したのが良かった。2023/08/27

水無月冬弥

4
硯朱華先生(@Iyo_Anzaki)の #ラノベ あらすじやイラストからよくある力のないと思われていた少女がイケメンに溺愛されて強力な異能を発動させる!という展開だと思ったのに。溺愛というより「おもしれえ女」系だったのにちょっとびっくり、ヒロインの深凪はまだオドオドしているし、恋人ではなっていないけど、家族になっているし、敵はとんずらしたし、今後どうなるか楽しみです。2023/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21083188
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。