カドカワBOOKS<br> 「女王の靴」の新米配達人―しあわせを運ぶ機械人形

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

カドカワBOOKS
「女王の靴」の新米配達人―しあわせを運ぶ機械人形

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月21日 06時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040748948
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

「戦うイケメン」中編コンテスト受賞作!

▼あらすじ
武器と荷物を手に、モンスター蔓延(はびこ)る危険地帯を駆け抜ける運び屋集団『女王の靴(レギーナ・スカルペ)』。戦う配達人が集う『女王の靴』に入社した新人フェイは、先輩と共にさっそく初任務へ!

しかし……「なんでフェイくんだけ狙われるんっすか!?」「それはな、こいつが機械人形(オートマトン)だからだ!」「モンスターって機械が好物なんですよね! じゃあおれ囮になります!」「なんでこんな子採用したんすかぁ!」

愉快で過激な配達人たちのハートフルコメディ開幕!

内容説明

武器と荷物を手に、モンスター蔓延る危険地帯を駆け抜ける運び屋集団『女王の靴』。戦う配達人が集う『女王の靴』に入社した新人フェイは、先輩と共にさっそく初任務へ!しかし…「なんでフェイくんだけ狙われるんっすか!?」「それはな、こいつが機械人形だからだ!」「モンスターって機械が好物なんですよね!じゃあおれ囮になります!」「なんでこんな子採用したんすかぁ!」愉快で過激な配達人たちのハートフルコメディ開幕!

著者等紹介

ゆいレギナ[ユイレギナ]
2022年4月「100日後に死ぬ悪役令嬢は毎日がとても楽しい。」(GAノベル)にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

31
武器と荷物を手に、モンスター蔓延る危険地帯を駆け抜ける運び屋集団『女王の靴』。愉快で過激な戦う配達人が集う運び屋集団に入社した新人フェイが、先輩と共にさっそく初任務へ向かうハートフルコメディ。面倒見の良い副局長ゼータの下で見習いとして働き始めたフェイがモンスターたちに妙に狙われる理由。サポートしてくれる先輩アキラや、フェイが仲良くしたいのにライバル視する同期のミツイ、オネエ言葉の先輩レヴィたちのエピソード、ゼータやフェイが運び屋を志望した理由など、明らかになってゆく運び屋たちの生き様がとても印象的でした。2023/04/11

4
荒廃世界の配達人というのは一つのジャンルでありありましょうか。しかしながら配達業であるのに、人と人を繋ぐことではなくて、配達人の交流がメインとなってしまっているのがちょっぴり疑問点。まあ独自性といえばそうなんですが、そうなってくると別に配達業じゃなくてもいいのでは?あと機械人形要素もパワーな部分以外イマイチはまらない。ただ一人が主人公ではなくて組織が主人公であるならば、すごくしっくりくる。となると、「女王の靴」でシリーズ化してメインは毎回違うキャラになった方が味わい深いものになるかと。でもまあ悪くない。2023/07/20

bulbul

4
主人公は破棄された「機械人形」フェイ。感情を持たないはずの機械が「目的の為」に人間社会に飛び込んでいく。SFファンタジーが極まった世界観に戸惑うけれど、フェイの機械としての記憶の陰と生き生きと演じる「フェイ」の活躍が面白い。荒廃した世界の人間模様が丁寧に綴られて、ちょっっと結末が分からないエピソードもあったりそれぞれの小編に悲哀があった。フェイの希望の光が意外な結末で続きも気になる。2023/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20885362
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。