富士見L文庫<br> メイデーア転生物語〈6〉

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

富士見L文庫
メイデーア転生物語〈6〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年03月02日 11時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040748054
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 魔法学校を揺るがした、帝国の襲撃。垣間見た三大魔術師の過去と、転生の秘密。そして苦楽をともにした学友たちとの別れ――。
 大きな試練を乗り越えたマキアは、今は〈救世主の守護者〉として、トールたちとフレジール皇国へ向かう旅路にあった。その途中、前世の記憶を呼び覚ますため、世界樹を擁するヴァベル教国に立ち寄る。世界の始まりからあるという大樹にマキアが触れたとき、追憶の旅が始まるのだった――。
 これは〈世界で一番悪い魔女〉になる、とある魔女の物語。いつか、誰かの、片想いが紡いだ物語。

内容説明

魔法学校を揺るがした、帝国の襲撃。垣間見た三大魔術師の過去と、転生の秘密。そして苦楽をともにした学友たちとの別れ―。大きな試練を乗り越えたマキアは、今は“救世主の守護者”として、トールたちとフレジール皇国へ向かう旅路にあった。その途中、前世の記憶を呼び覚ますため、世界樹を擁するヴァベル教国に立ち寄る。世界の始まりからあるという大樹にマキアが触れたとき、追憶の旅が始まるのだった。これは“世界で一番悪い魔女”になる、とある魔女の物語。いつか、誰かの、片想いが紡いだ物語。

著者等紹介

友麻碧[ユウマミドリ]
福岡県出身。小説『かくりよの宿飯』シリーズが大ヒットとなり、コミカライズ、TVアニメ化、舞台化など広く展開する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かんけー

40
読了♪冒頭、マキアとトールは世界樹のあるフレジール公国に向けて?エスカ司教が相変わらず、個性強過ぎキャラで苦笑(^_^;)物語の進行役と説明役での立ち位置にニンマリw緑の巫女様の登場で混沌カオス状態に。中盤から後半での紅の魔女と黒の魔王の互いの想いの行き違いにヤキモキ?やっぱり紅の魔女も泣き上戸なのね。ラスト近辺のマキリエとカノンの会話が切なく響き、果たしてどうなるのか?予断は出来ない。次巻も楽しみです。面白かったです("⌒∇⌒")♪2023/06/26

よっち

33
大きな試練を乗り越え、〈救世主の守護者〉としてトールたちとフレジール皇国へ向かうたマキア。その途中、前世の記憶を呼び覚ますため、世界樹を擁するヴァベル教国に立ち寄る第六弾。ヴァベル教国で出会った緑の巫女ベルセリス。マキアが前世を知ってしまうことを懸念するトール。世界の始まりからあるという大樹の根元で眠るもの、そしてそれに触れて前世の追憶の旅を始めるマキア。ようやくにして前々世における紅の魔女マキリエと黒の魔王トルクの関係性や、カノンを巡る因縁も明らかになりましたけど、これはなあ…マキア、これからどうする?2023/05/12

mariann

27
ついに記憶が!世界樹の袂にやってきたマキアは世界樹によって紅の魔女の記憶を共有する事に。なぜマギア達はカノンに殺される?メイデーアの中心の火口はどうなってるの?…全てをマキアと共に知ってしまった読者は感動と切なさしかないんじゃないかな。トールの前身のトルクの哀しみたるものや。これってインディーズで書いてらっしゃった話に加筆されたものだとか。いやぁ、すごい。魔術師達はどうなるのか、メイデーアは変わるのか。気になります。2023/09/21

がんも

18
登録して無かったけど、前巻までは読破してます、過去に振り回されて色々なことに巻き込まれているマキア一行、今回はとうとうマキアが世界樹のもと紅の魔女だったころのことを追体験します、もう誰も彼もが切ない!そして彼らの行く末が気になる!その前に少し忘れてることもあるので1巻から再読してみよう。2023/05/23

水無月十六(ニール・フィレル)

9
シリーズ初読。かつて「紅の魔女」と呼ばれた前世を持つ主人公。本作はその前世の記憶の物語。シリーズ初読だったので、既刊を読んでいるよりは楽しみきれなかったのだろうが、十分既刊も読んでみたくなる面白さだった。とにかく世界観と設定がツボで、そこそこ物語も進んだ途中巻だったにも関わらず楽しめた。登場人物も個性的で面白い。白の賢者が個人的にお気に入り。2023/09/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21083190
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。