富士見L文庫<br> 江戸の花魁と入れ替わったので、花街の頂点を目指してみる〈3〉

個数:
電子版価格
¥726
  • 電書あり

富士見L文庫
江戸の花魁と入れ替わったので、花街の頂点を目指してみる〈3〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年04月16日 16時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040746432
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

■□■山吹花魁の伝説、ついに完結――!■□■

 芸事でも心意気でも評価を高めている山吹花魁(やまぶきおいらん)こと杏奈(あんな)。そんな彼女の心を揺り動かしているのは、土浦藩(つちうらはん)を治める土屋(つちや)さまからの求婚だった。
 しかし、目指す花魁の頂点――。花魁道中ができる最高の階級となれば、財政に苦心する土屋さまが身請けするのは難しい。求婚を受け入れたら、花魁として目指した夢は叶えられない。二つの道を前に山吹は決断を迫られていた。
 さらに彼女を混乱させるように、山吹と杏奈の入れ替わりの秘密を知る髪結いの青年・阿嘉也(あかや)が現れて……? 山吹の伝説、堂々完結!

内容説明

芸事でも心意気でも評価を高めている山吹花魁こと杏奈。そんな彼女の心を揺り動かしているのは、土浦藩を治める土屋さまからの求婚だった。しかし、目指す花魁の頂点―花魁道中ができる最高の階級となれば、藩の財政に苦心する土屋さまが身請けするのは難しい。求婚を受け入れたら、花魁として目指した夢は叶えられない。二つの道を前に山吹は決断を迫られていた。さらに彼女を混乱させるように、山吹と杏奈の入れ替わりの秘密を知る髪結いの青年・阿嘉也が現れて…?山吹の伝説、堂々完結!

著者等紹介

七沢ゆきの[ナナサワユキノ]
魅力あふれるキャラクター造形と、緻密な構成で展開されていくストーリーで読者を魅了する女性作家。また、本作はカクヨムで連載され、第5回カクヨムWeb小説コンテストでキャラクター文芸部門大賞を受賞した「ナンバーワンキャバ嬢、江戸時代の花魁と体が入れ替わったので、江戸でもナンバーワンを目指してみる―歴女で元ヤンは無敵です」に加筆・改稿のうえ上梓したものである(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はなりん

14
シリーズ第3弾。完結。歌舞伎町のキャバ嬢が江戸時代の花魁と体が入れ替わり、花魁の頂点を目指す話。山吹がこの世界に来た経緯がわかり、心意気が素晴らしく、自分の幸せへの実現と周りへの配慮が素敵です。周りの人達もわかりにくいけど温かくて、ほっこりする素敵な物語でした。2022/12/18

おかめいんこ

3
色々あるけどツッコミは置いといて、推しと幸せに(^o^)2022/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20069457
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。