富士見ファンタジア文庫<br> 一日百回(くらい)目が合う後輩女子マネージャーが想っていること

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
一日百回(くらい)目が合う後輩女子マネージャーが想っていること

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月28日 01時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 316p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040745787
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ラブコメ;後輩;女子マネージャー;マネージャー;部活;可愛い;目が合う;好き;素直になれない;ツンデレ;青春;メインヒロイン;ひゃくまね;百マネ;一日百回;100回;100回

内容説明

男子バスケ部に所属する高校生・如月直輝の最近の悩みは、美少女すぎる後輩女子マネージャーからの意味深な視線。「ま、マネージャーとしての務めですから!」と言いつつ、なぜか居残り個人練習に付き合ってくれたり、風邪をひいたらお見舞いに来てくれたり、やたら特別扱いされてるような―。「先輩、ストレッチお手伝いしますよ」って、む、胸が当たってますけど!?「今度のお休み、みんなには内緒で備品の買い出しに付き合ってくれませんか?」わ、わざわざ二人きりで!?「(うぅ…素直にデートに誘えたらいいんですが…)」健気な彼女の内心丸わかり、イチャデレ青春部活ラブコメ!!

著者等紹介

恵比須清司[エビスセイジ]
第26回ファンタジア大賞にて金賞を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

28
最近、美少女後輩女子マネ姫咲真耶から意味深な視線を頻繁に感じる男子バスケ部の如月直輝。内心丸わかりで健気な彼女とバスケバカな先輩のイチャデレ青春部活ラブコメ。身長が低く万年補欠だけどバスケが大好きな直輝。そんな彼の個人練習に付き合ってくれたり、いろいろ特別扱いしてくる真耶の行動が気になりつつも確信が持てない直輝とのもどかしい関係。彼女の妹の応援があったり、直輝の幼馴染の存在も気になる中で、二人の始まりのエピソードもなかなか良かったですけど、肝心なところで決定力不足な二人はこれからも苦労しそうですね(苦笑)2022/06/19

しぇん

19
KindleUnlimitedで。身長が160センチしかない為バスケのレギュラーが厳しい主人公とマネージャーのラブコメ。天才設定ですが恋愛にはポンコツのヒロインがかわいいですね。恋愛のきっかけの過去話は よかったですけど、これで気付いてないのは流石な無理があるかもとは2023/10/27

彩灯尋

11
鈍感系主人公と一途な後輩ヒロイン。主人公のずば抜けた鈍感に対してそこまで気づかないことある???と軽くモヤっとしつつ、一途で恋愛になるとポンコツなヒロインの可愛さに救われた。しかもこの展開…続きは??2023/10/27

rotti619

11
背が低いという、バスケには不利な条件ながら毎日居残り練習をして頑張る如月直輝を大好きなマネージャーの後輩姫咲真耶が、必死にアプローチしようとしてヘタれるお話。一応主人公は直輝なのだが、物語の3割くらいは真耶目線で進むのが特徴。直輝も鈍感キャラに入るが、真耶のヘタレ具合も大概で、直輝とはマネージャーという立場を通じてしか話せない上に、恋愛相談が小学生の妹という。しかもアドバイスが適切なのにヘタれて実行できないけど妄想だけは大爆発というのは定番ながら楽しい。ただ、もうちょっと話を広げても良かったかもしれない。2022/07/03

真白優樹

10
背が低いと言うハンデを補うべく奮闘するバスケ部の少年と、彼に懸想する後輩マネージャーの少女の恋物語。―――咲く花恋色、熱き風に乗せて届け。 読者からすると丸わかり、当人たちからすると空回りでもどかしい。そんないじらしい甘さが部活の熱さの中で繰り広げられる物語であり、付き合ってはいないけれどいちゃついている、心に砂糖を拭きつけてくる物語である。熱さもあるラブコメが好きな読者様は是非。果たして深まっているように見えてまだまだ遠い、あと一歩が詰め切れぬこのラブコメは何処へ向かうのか。 次巻も勿論楽しみである。2022/06/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19775189
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。