富士見L文庫<br> ぼんくら陰陽師の鬼嫁〈8〉

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

富士見L文庫
ぼんくら陰陽師の鬼嫁〈8〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月01日 20時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040745350
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「神隠し」の言い伝えが残る村の廃校で、幼い少年が行方不明になった。芹たちは、北御門の元門人・夕木薙子の紹介で調査を請け負う。訪れたのは、石仏が立ち並び子供の霊があちこちにいる異様な村。そこで対面した依頼人は、過去のある事件と関わる人物だった。
 手分けして少年を捜すが、皇臥と式神・珠は珍しくぎくしゃくした様子。珠は「奥方に預ける」と、複雑な心情を芹だけに話し始める。皇臥の祖父・享慈に造られた珠の話から、北御門の花嫁に隠された秘密の一端も明らかになり――退魔お仕事嫁物語、緊迫の第八弾。

==登場人物==

北御門(野崎) 芹
幼い頃に両親を亡くし、一人暮らしで京都の大学に通う学生。
偶然会った皇臥とビジネスライクな婚姻契約を結ぶ。
式神が視える。姑・史緒佳の大人げないいびりにもへこたれない逞しさを持つ。

北御門 皇臥
代々陰陽師を生業とする北御門家の二十八代目当主。
式神使い以外能力がないぼんくら陰陽師で、お祓いや退魔呪術系の仕事を避けていたが、芹に煽られ少しずつまともな陰陽師仕事を受けるように。

内容説明

「神隠し」の言い伝えが残る村の廃校で、幼い少年が行方不明になった。芹たちは、北御門の元門人・夕木薙子の紹介で調査を請け負う。訪れたのは、石仏が立ち並び子供の霊があちこちにいる異様な村。そこで対面した依頼人は、過去のある事件と関わる人物だった。手分けして少年を捜すが、皇臥と式神・珠は珍しくぎくしゃくした様子。珠は「奥方に預ける」と、複雑な心情を芹だけに話し始める。皇臥の祖父・享慈に造られた珠の話から、北御門の花嫁に隠された秘密の一端も明らかになり―。退魔お仕事嫁物語、緊迫の第八弾。

著者等紹介

秋田みやび[アキタミヤビ]
愛嬌ある登場人物たちにより軽妙に展開される王道の作風が人気を博し、数々のシリーズを立ち上げる。動物好きでエッセイなども手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

32
「神隠し」の言い伝えが残る村の廃校で行方不明になった幼い少年。北御門の元門人・夕木薙子の紹介で芹たちが調査を請け負う第八弾。石仏が立ち並び子供の霊があちこちにいる異様な村。思わぬ形で対面することになった過去のある事件と関わる依頼人。神隠しの事件を調べる過程で、式神の珠から北御門家にまつわる複雑な事情も芹に明らかにされて、芹のおかげで状況が好転したと思ったら、そこから思わぬ事態へと次々に繋がっていく怒涛の展開で、物語としても大きく動きそうですね。果たして何がどうなっているのか…これは続きが早く読みたいです。2023/07/13

るぴん

27
久しぶりだな〜と思ったら、2年ぶりだった!結構忘れてる登場人物もいたりして、記憶をたぐり寄せつつ読了。お義母さんは相変わらず可愛いし、亡くなったお義父さんへの逆プロポーズは、惚れてしまうほど格好良かった。そして鬼嫁の意味が衝撃的だったなぁ。芹のお父さんは何者なんだろう?またまた凄い所で終わったから、忘れないうちに続きをお願いします。2023/07/25

陸抗

25
鬼嫁の意味が明かされたけど、これは確かに難しい問題。芹の契約嫁、このまま続けるのも難しいかもしれない。新たな依頼で訪れた集落での神隠し。最強の陰陽師も居るし大丈夫だろうと思わせておいて、更なる難題ふっかけられてないか。「つまらないものですが」の言葉の意味になるほど~となった。謙遜だけじゃないのね。2023/07/20

霖 - rin -

11
久しぶりの新刊んんんんんでもめちゃめちゃ気になるところで終わったぁああああ…!!!前半は登場人物とか思い出しつつテンポ乗ってきたと思ったら終わっちゃった…。次巻楽しみにしてます!北御門の深いところとか芹のこととかサクサク出てきたので、次はもう少し潜れるのかな???それにしても夫婦だけれど、付き合う前の両片想いみたいなやり取りめちゃめちゃお気に入り。ついでにお義母さんの話ももっと欲しい。2023/08/21

ううち

9
第8弾。出先で購入。神隠しの村へ。お義母さんの昔の話は芹でなくとも聞きたいわ。『つまらないものですが』の意味になるほどと思った。そして次の巻を希望!!2023/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21327954
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。