富士見ファンタジア文庫<br> スパイ教室短編集〈02〉私を愛したスパイ先生

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
スパイ教室短編集〈02〉私を愛したスパイ先生

  • ウェブストアに165冊在庫がございます。(2022年01月24日 19時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 303p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040743585
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 死亡率九割を超える”不可能任務”に挑む機関―灯―。その前身、かつて戦争を終結させたスパイチームの頂点-焔-のリーダー『紅炉』は、絶望の縁から救い出した幼き少女・ティアに、
自身の死を前に希望と詳細不明の『鍵』を託した。
 時は経ち、ティアは鍵の用途を求め、ついに錠がかけられた箱を発見する。慎重に箱を開けると紅炉の遺言が記されていた。
「クラウスは、アナタを  ている」
 肝心な箇所が空白になった紅炉の遺言を発端にして、勘違いが勘違いを生み、『灯』全体を巻き込む大騒動が勃発してしまう!?
『スパイ教室』シリーズ短編集第2弾!

内容説明

死亡率九割を超える“不可能任務”に挑む機関‐灯‐。その前身、かつて戦争を終結させたスパイチームの頂点‐焔‐のリーダー『紅炉』は、絶望の縁から救い出した幼き少女・ティアに、自身の死を前に希望と詳細不明の『鍵』を託した。時は経ち、ティアは鍵の用途を求め、ついに錠がかけられた箱を発見する。慎重に箱を開けると紅炉の遺言が記されていた。「クラウスは、アナタを  ている」肝心な箇所が空白になった紅炉の遺言を発端にして、勘違いが勘違いを生み、『灯』全体を巻き込む大騒動が勃発してしまう!?『スパイ教室』シリーズ短編集第2弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

芳樹

40
【BW】「クラウスは、アナタを愛している」というメモから始まるドタバタ楽しい短編集でした。楽しい中にもシリアスな展開もあって、特に4巻の裏側でリリィがどんな活躍をしていたかを知れたのが、リリィ好きの自分にはとても良かった。あのセリフをリリィに言わせるとは。リリィ、カッコカワイイ。2021/12/23

オセロ

26
短編集ということで本編の内容を補いつつもコミカルな話が多くていいですね。 個人的にはエルナの話が好きです。2021/12/20

げんごろう

14
紅炉が残した遺言をもとに勘違いが勘違いを生むドタバタ劇。 今回の短編集も各キャラの新たな一面が描かれていて面白かったです。 個人的にはアネットの意外な才能、あの笑顔には驚かされました。 やはり“灯”は最高ですね。 6巻の後だから余計にそう思うのだろう…。 2022/01/09

真白優樹

13
合衆国での作戦の前、そしてその最中でのそれぞれの過ごした時間の記録が語られる中、ティアの過去にも関わる紅炉の遺した遺言が誤解の連鎖を招く今巻。―――その笑顔、それは彼女の教えの先に。 コメディもシリアスも何でもあり、更なるドタバタの中でティアの過去、そしてリリィの戦いが記され、合衆国編を補完する記録が語られる今巻。そこにあるのは、少女達の平和な日々。本編の地獄の裏返しであるかのような、笑える記録が心に爽快感を齎してくれる巻である。果たして本編の地獄は、何処へ進むのか。 次巻も勿論楽しみである。2022/01/02

ミャロ

12
※kindle とにかく笑った。コメディ要素が強い。アネットのギャップとエルナの悲劇(喜劇?)は可愛く、グレーテ以外がポンコツ過ぎる。4巻で書かれなかったエピソードとティアの過去が有り良かった。2022/01/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18993036

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。