富士見ファンタジア文庫<br> スパイ教室〈07〉“氷刃”のモニカ

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
スパイ教室〈07〉“氷刃”のモニカ

  • ウェブストアに41冊在庫がございます。(2022年08月13日 19時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 344p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040742540
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「この世界を壊していけばいいんだろう? ――汚れて醜い裏切り者として」 モニカの背反により半壊した『灯』は、真相を求めてフェンド連邦を駆ける。 これは窮地に追いやられた少女が、世界を敵に回す物語――。

内容説明

同胞『鳳』の仇敵、フェンド連邦の防諜機関『ベリアス』を巧妙な策略によって制圧したスパイチーム『灯』。しかし彼女らに待ち受けていたのは、メンバー3名が負傷、1人が誘拐という、ある少女の裏切りによって引き起こされた悲劇だった。裏切り者の名は“氷刃”のモニカ。帝国の諜報機関『蛇』のメンバー“翠蝶”と手を組み、謀略を巡らせていたのだった。モニカの背反により半壊した『灯』は、真相を求めフェンド連邦を駆ける。“氷刃”その冷たく鋭い刃は、絆をも断つのか。「かかってきなよ、クラウスさん?」これは窮地に追いやられた少女が、世界を敵に回す物語―。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

オセロ

48
皇太子が暗殺されて揺れるフェンド連邦を舞台に、何故モニカの裏切り描いた今回の物語。 モニカの過去を交えながら描かれる苦悩は想像以上に重いものでしたが、フェンド連邦の諜報部隊、反政府組織の烽火連天、そしてガルガド帝国のスパイチーム・蛇、それぞれの思惑が入り乱れる中で成長したモニカの活躍は胸が熱くなりました。 そして相変わらずの気になる引きで続きが楽しみです。 2022/03/21

よっち

36
同胞「鳳」の仇敵「ベアリス」を巧妙な策略により制圧した「灯」。しかしある少女の思わぬ裏切りによって、メンバー3人が負傷、1人が誘拐されてしまう第七弾。裏切り者の造反により半壊しながらも、真相を求めてフェンド連邦を駆ける「灯」。その秘めた想いを利用して裏切りを引き出した、帝国の諜報機関「蛇」のメンバー「翠蝶」の巧妙な手口。明かされてゆく少女の過去と追い詰めれられてゆくその窮地に、それでも諦めない仲間たちの熱い想い、そこで立ち上がる思ってもみなかった一人の少女がどんな活躍を見せてくれるのか、続巻が楽しみです。2022/05/02

しゃお

25
シリーズ本編7作目。前回の衝撃的なヒキで終わった続きですが、冒頭からまたも〈灯〉のメンバーたちが次々と打倒されていくという衝撃的な展開。モニカの秘めた想いと覚醒、そして策謀が描かれる極上の巻でした。しかしながらそう簡単に全てが収束されるはずも無く、またもやこの先どうなるのか気になる終わり方!次作は第2シーズン完結編との事なので、まずは〈灯〉メンバー全員の笑顔が見れたらいいな。2022/06/01

オセロ

23
何が起きたのか整理しておきたくて再読。セカンドシーズンのラストとなる次巻が楽しみです。2022/07/18

サケ太

18
こういう展開か。背景や心情が明かされて、モニカの魅力がグッと強くなった感じ。成長した灯メンバーの活躍に期待してしまう。2022/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19383069

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。