富士見L文庫<br> 暁花薬殿物語〈第6巻〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

富士見L文庫
暁花薬殿物語〈第6巻〉

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年03月05日 02時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 231p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040742335
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

帝の愛情に包まれながら、後宮の未来を案じていた千古。清涼殿の庭に落ちた雷の祟りを収めるため再び妖后を演じたその前へ、あの男が姿を見せる。一方で静養を命じられた明子姫には、鬼の手が迫っており……!?

内容説明

信濃の鬼退治も終えた秋の始め。帝からの寵愛を肌で感じながらも、後宮の将来を案じていた千古。ある時清涼殿の庭に落雷がおきる。後宮が「祟りだ」と騒然となる中で、暁上姫・明子が病床に伏せたと聞きつけた千古は、想念に扮装し宣耀殿を訪れた。病を見守る想念の眼差しから、遂に正体に気付いてしまった明子。かえって正后への憬れを抱くが、彼女にも鬼の手が迫っていた。一方で「祟り」を収めるため妖后を演じる千古の目の前へ、ある男が姿を現す。彼の唇から漏れたその名は―!?

著者等紹介

佐々木禎子[ササキテイコ]
主な著作に「ホラー作家・宇佐見右京の他力本願な日々」シリーズ、「薔薇十字叢書」シリーズ(どちらも富士見L文庫)、「ばんぱいやのパフェ屋さん」シリーズ、『札幌あやかしスープカレー』(どちらもポプラ文庫ピュアフル)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

坂城 弥生

34
明子の鬱憤が凄い方向に爆発したなぁと。2023/03/02

よっち

34
信濃の鬼退治を終えた千古たち。ある時清涼殿に落雷がおきて後宮が祟りだと騒然となる中、暁上姫・明子が病床に伏せたと聞きつけた千古は、想念に扮装し宣耀殿を訪れる第六弾。病を見守る想念の眼差しからその正体気付いてしまう明子。一方で祟りを収めるため妖后を演じる千古の目の前へ姿を現した男・秋光。何者にもなれなかった明子がようやく居場所を見出した一方で、閉塞する状況を打開した千古と帝がいいコンビではあるんですが、本音を知るにはお互いまだ踏み込みが足りてない感もありますね…そして秋光の真意も気になるところではあります。2021/12/31

らび

26
う~ん・・なんだか秋光は記憶戻ってるけど秋長に戻らないなにか理由があるんじゃなかろうか?秋長ならやりそう。明子を救って、鬼を引き立てて・・帝の采配が光りますね。2021/10/03

はなりん

13
秋長が帰ってきましたが…。うーむ。時間が経過しているのか?そうでもないのか、よくわからない感じです。秋長は記憶がないままなのか、何か思惑があるのか…。なんかスッキリしないまま続く感じです。帝の千古への想いは甘くなってきたんだけど、さて、どんな決着になるのかしら?2022/08/06

11
続きが気になるので読んでいるけど、毎回あまり幸せに終わらないのでちょっとしんどくなってきたかも(苦笑)それにあの人が再登場してきたが、好きなキャラがだったからあの変わり様は正直見たくなかったな。しかし、薬の割合がどんどん少なくなって来てるような(苦笑)2022/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18381553
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。