富士見L文庫<br> 呪われ姫の求婚

個数:
電子版価格 ¥492
  • 電書あり

富士見L文庫
呪われ姫の求婚

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年02月27日 21時23分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040742328
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

大国・豊日国より、幼き頃に生贄として追放された女王、明緋。逃げた先の山奥で趣味の呪いや術に没頭し、気ままに暮らしていた。
ある日雪に埋まる西国の皇子・那己彦を発見、明緋が救い出してやると、突然求婚されてしまう。慌てて彼を追い出そうとしたその時、明緋の妹である豊日国の王女・紫夕の命で兵たちに囲まれ、小屋までが燃やされる。
生贄となった後もなお「我国に仇なす魔物」と忌み嫌われるのか。
絶望し妹に立ち向かおうとする明緋を待つものは、果たして「妃選び」という名の陰謀だった!

内容説明

大国・豊日国より、幼き頃に生贄として追放された女王、明緋。逃げた先の森の奥で、まじない師として気ままに暮らしていた。ある日雪に埋まる西国の皇子・那己彦を発見、明緋が救い出してやると、突然求婚されてしまう。慌てて彼を追い出そうとしたその時、明緋の妹である豊日国の王女・紫夕の命だという兵たちに囲まれ、小屋までが燃やされる。生贄となった後もなお「我国に仇なす魔物」と忌み嫌われるのか。絶望し妹に立ち向かおうとする明緋を待つものは、果たして「妃選び」という名の陰謀だった!

著者等紹介

喜咲冬子[キサキトウコ]
函館生まれ。第3回富士見ラノベ文芸大賞審査員特別賞受賞。2019年ノベル大賞佳作受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

29
豊日国で幼き頃に生贄として追放された王女・明緋。逃げた先の山奥で趣味の呪いや術に没頭し、気ままに暮らしていた彼女が、雪に埋まる西国の皇子・那己彦を発見し突然求婚されてしまうアジアンファンタジー。我国に仇なす魔物として嫌われていた過去、彼女を嫌う異母妹の王女・紫夕との因縁、絶望し妹に立ち向かおうとする明緋が知る、様々な思惑が絡み合う豊日国を巡る状況。何度も辛い現実を突きつけられ、目を背けていた彼女が那己彦とともに向き合って自らがすべきことを見出し、苦境を乗り越えてみせた結末にはぐっと来るものがありましたね。2021/09/24

ひぬ

21
生贄として豊日国から追放された王女・明緋。生き延びた山奥で彼女は趣味の呪いや術に没頭しますが、その平穏な日常は彼女が救い出した西国の皇子・那己彦からの突然な求婚により、終わりを告げます。住処まで燃やされてしまった明緋は豊日国へと戻り、次の女王選びの戦いに巻き込まれてしまいます。私自身がこのジャンルの作品をあまり読まないため理解力が足りないせいか、少し分かりにくい場面はありましたが、面白かったです。那己彦以外の主要登場人物が揃いに揃ってイカれてるので読了感は微妙でしたが、ラストの展開は意外で良かったです。2021/10/23

よっしー

20
図書館で見かけたので…手に取りました。文体が合わなかったのか、読み進めるのに苦戦した一冊です。設定としては面白いところもあったのですが、疑問が解決されずに話が進んでいく所もあったので、結果として良く分からなかったという感想です。2022/07/16

ぐっち

20
生贄にされて生き延びた一の姫・明緋に、西国の皇子が求婚しに来て、女王の座をかけた試練に参加する羽目に。こういう古代日本ものたくさん読んできましたが、大王の愛を勝ち取るとかではなく、ヒロイン本人が国の役に立つことをやり、求婚してきた男性を選ぶのが目新しく、勝ち取った結末も良いなと思いました。2021/09/25

豆乳くま

16
父王に愛されず幼い頃生贄となリ川に流された姫、明緋。助けられ何とか生き延び、森でまじない師として暮らしていたが。明緋とは対照に父王の愛を一身に受けた妹、地方の有力豪族の娘、と共に次の女王争いに巻き込まれたが。古代神話を絡められると、途端に混乱する私。少し苦痛だった。明緋の大きな心の傷である『生贄』を撤廃できてよかった。 2021/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18381580
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。