富士見L文庫<br> 花街の用心棒〈3〉隣国の琥珀は皇帝を導く

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

富士見L文庫
花街の用心棒〈3〉隣国の琥珀は皇帝を導く

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月23日 10時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 350p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040741765
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 腕利きの女用心棒・雪花(せつか)は、美貌の青年貴族・志輝(しき)の指示で勤めていた後宮から花街に帰ってきた。
 望むのは平穏と金だが、志輝に加え雪花を慕う隣国王子・グレンまで現れ、騒がしさは増すばかり。
 一方、花街には国交が断絶しているはずの北の国家の影がちらつく。志輝たちが奔走する阿芙蓉(あふよう)の流入対策、水面下での外交……。そこには、雪花の母の血筋に秘められた建国史の謎が存在した。雪花も否応なく歴史の波瀾に向き合うことになり――。
 汚名を雪ぎ、己と国家の未来を掴むため胎動する、待望の第3巻!

◆◇◆2021年11月1日、コミカライズ単行本『花街の用心棒』1巻発売!(作画・一メルカ/B's-LOG COMICS)◆◇◆

内容説明

腕利きの女用心棒・雪花は、美貌の青年貴族・志輝の指示で勤めていた後宮から花街に帰ってきた。望むのは平穏と金だが、志輝に加え雪花を慕う隣国王子・グレンまで現れ、騒がしさは増すばかり。一方、花街には国交が断絶しているはずの北の国家の影がちらつく。志輝たちが奔走する阿芙蓉の流入対策、水面下での外交…。そこには、雪花の母の血筋に秘められた建国史の謎が存在した。雪花も否応なく歴史の波瀾に向き合うことになり―。汚名を雪ぎ、己と国家の未来を掴むため胎動する、待望の第3巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっちゃん

22
うーん主人公、大物過ぎでしょ(笑)スケールはデカいけど、国のトップとか周りの人達がフレンドリーでイマイチ緊張感に欠けるか?まぁ、そこがこのシリーズの強みという事で( ̄▽ ̄)2023/03/28

はなりん

13
雪花や風牙の出自が明らかになって、大きく物語が動き出した。また新たな第3国が現れ、雪花だけでなく、白哉も何やら因縁があって。面白くなってきた。次は北の国へ。志輝はお留守番だけど、主要メンバーは一緒に北へ。その中に帰蝶が入るとは思わなかった!2021/12/04

おもち

6
面白い。 3カ国の登場人物がごっちゃになりそうで、次の巻が出るなら読み直し必須だろうけど。 ラブ味が良い。2021/10/31

瀬々

3
この巻がだいぶ気になる所で終わってしまって、続きはいつでるのかなと検索したらカクヨムで完結していたのでそちらで最後まで一気に読んでしまいました。その上で書籍として手元にあると嬉しい作品だなと個人的に思っています。キャラクターの心情描写が物凄く好みでして。雪花と志輝のやりとりが好きです。志輝には事後承諾でなく事前に予告してくれと思うところもありますが。事後承諾すらとれてないのは言わないお約束。書籍での続刊を楽しみにしています。2021/11/16

万論

3
どんどん面白くなってくる。雪花自身の秘密もありの世界観。周りの登場人物も冴えて、グイグイくる。2021/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18560779
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。