ドラゴンコミックスエイジ<br> かいじゅう色の島 〈1〉

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

ドラゴンコミックスエイジ
かいじゅう色の島 〈1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 18時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 164p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040740157
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ホシナーたかはし

14
個人的に初百合作品。でも、平成ガメラや江戸川乱歩の、伝奇伝承ものの印象が強い作品。二人が、美少女と言うにはちょっと足りないところが妙になまめかしく、気に入ってます。2021/03/27

kenitirokikuti

7
掲載誌がドラゴンエイジの別冊ないし増刊枠、季刊である。2年半、10話でやっと160ページというスローな連載。著者のはっとりみつる氏は伊勢志摩のあたりの出身で、この物語の舞台のモデルは、伊勢湾の太平洋への出口にある離島、神島だろう。で、海獣伝説のある浜で、ふたりの思春期の少女が出会う。はっとり氏はヤンマガ系の出身なので、そういうムードがあるなぁ。えっと、きちんと言語化すると…絵作りが紙と墨ベース。ホワイトの使い方とか、トーンの削りとか、やはりデジタルのペイント系の描き方と差があって。2021/03/29

おこげ

7
育った環境は違えども孤独に生き抜いてきたのは似た者同士な棔と歩流夏。出逢ったなら恋におちるのは必然だったんだね💞独自の世界を持つからぼっちである境遇は私にとっても共感できる部分がたくさん😢島に伝承されてきた"かいじゅう"が伝奇要素を色濃くし、はじめて恋を知ったふたり真っ赤になるくらい唇で全身で深い関わりを持っていく様があまりに美しい///💕連載の都合どうしても間の空くであろう次巻、棔と歩流夏がいかなる進展を遂げていくのか…読める日が待ち遠しい❣️2021/03/08

キョウト@新作発売中!

5
アニメPVに惹かれて購入。伝奇+百合といった趣。中々特殊な雰囲気かもしれん。どちらかというと百合っぽさよりも閉鎖的な孤島での伝奇ものっぽい雰囲気の方が強いかも? それでもメイン二人の距離は急速に縮まってる気がして、二人の関係を濁してないので百合的な強さもある。2021/03/28

Ume

3
ミステリアスな島百合。連載ペースがのんびりなので頑張って長生きして最後まで見届けたいです。2021/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17489650

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。