富士見L文庫<br> 死の森の魔女は愛を知らない

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見L文庫
死の森の魔女は愛を知らない

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月19日 03時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040739885
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

欲深で冷酷と噂の「死の森の魔女」。正体は祖母の後を継いだ年若き魔女のリコリスだ。ある日森で暮らす彼女のもとに、毒薬を求めて王弟がやってくる。断った彼女だけれど王弟はリコリスを気に入って……?

内容説明

死の森には魔女が棲む。気まぐれで人嫌い、偏屈者で凄腕の…。「死の森の魔女」ことリコリスは祖母の後を継ぎ、使い魔の白フクロウと森で静かに暮らしていた。ある日、病弱と噂の若き王弟ゼルクトラが訪ねてくる。彼が求めたのは安らかに死ねる毒薬。リコリスは断り追い返すが、その後なぜか家に入り浸られるように。さらにリコリスは王家から呼び出され、変化のない日常から騒々しい表舞台に引きずり出され―「魔女の秘薬は、簡単には売れないわ」。魔女の薬をめぐるウィッチ・カプリチオ・ファンタジー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

48
偉大な魔女だった祖母の後を継ぎ、使い魔と森で暮らす「死の森の魔女」リコリス。毒薬を求めて彼女のもとにやってきた王兄ゼルクトラの依頼を断るものの、それを機に生活が一変してゆく物語。たびたび訪れてきて、使い魔とも仲良くなってしまったゼルクトラ。リコリスを呼び出した複雑な想いを抱く王と王太后の依頼。そして苦い初恋相手との再会。放っておけなくて首を突っ込む事件も印象深かったんですが、それ以上にゼルクトラや使い魔、そしてめちゃくちゃ歪んでますが初恋相手にもリコリスは愛されてますね…喜んでいいのかはあれですが(苦笑)2021/04/16

ぐっち

35
死の森の魔女に薬を求めて会いに来る王兄…何か他で読んだような気もしますが、魔女と使い魔と王兄の酒盛り楽しい。しかし、飲み友達ならよいが3人とも彼氏にはオススメしたくないな…。最後の「求めてたもの」って何だったんだろう?2021/03/06

ひぬ

30
悪い魔女であろうとする善き魔女の物語。「死の森の魔女」の祖母の後を継いだ引き篭もり魔女・リコリス。毒薬を求め彼女の元に、王兄・ゼルクトラが訪ねてきます。彼女の変化のない平凡な日常はその出会いにより、脅かされますが、段々と表舞台へと引き摺り出される彼女と周囲の応酬が面白かったです。とても読みやすく、章毎に周囲から何かしら手助けを依頼される構図ですが、毎回違う印象で、飽きませんでした。ゼルクトラと初恋の相手・レナルドはどっちもどっちな気がしますが、これは先の展開が気になります。続刊が出るといいな…2021/04/29

すがはら

21
牽制し合う使い魔と王兄君が愉しい。読みやすくて最初引き込まれたけど、昔馴染みの街に行った辺りから何か引っ掛かってスピードが落ちてしまいました。ウーン。でもヤンデレの次期領主とか癖のある男性キャラが色々で、続きがあるなら興味はありますけど。リコリスはまだ過去のトラウマを吹っ切れてなさそうで心配です。2021/04/11

ぐっち

18
2も入手したので再読。魔女と王兄と使い魔の酒盛り楽しい。幼馴染も出てきたが、今のところ誰ともどうにもなっていないので続きも読みます。2022/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17288854

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。