富士見L文庫<br> 転生魔女は滅びを告げる

個数:
電子版価格
¥682
  • 電書あり

富士見L文庫
転生魔女は滅びを告げる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040737768
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「今日こそ学校に行く」その思いを胸に、十八歳の誕生日に非業の死を遂げた星奈。天使の計らいで転生したが、ある事故から今世でも引きこもりになってしまう。けれど不遇の王子と出会い、運命の環が巡り始める……!

内容説明

ある事件からひきこもりになった星奈。「今日は学校に行く」そう決意した十八歳の誕生日、彼女は登校途中に交通事故で死亡した。天使の計らいで「セナ」として魔法のある世界に転生したけれど、彼女が使える魔法は「滅びろ」「爆ぜろ」のふたつだけ。さらに今世でもひきこもり(しかも天涯孤独)になってしまう。そんな折、セナは世話焼きな王子キースと出会う。彼の導きで外の世界へと一歩を踏み出し、同時に運命の輪も動き出した―!ひきこもり魔女と不遇の王子、時々ドラゴンの本格ファンタジー!大人気コミックの世界がより広がる、小説書き下ろし!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

陸抗

22
何気ない一言から友人を傷つけてしまい、引きこもりになってしまったセナ。友人に謝ろうと学校に向かう途中で事故に遭い、魔法の使える世界へ転生してしまう。こちらでも引きこもりになってしまったけど、世話焼きオカンな王子のキースと出会い、セナの世界が広がっていくのは嬉しかった。セナの使える魔法「滅びろ」「爆ぜろ」も、本来の使い方が分かってから凄く強力になっていくし。言葉の使い方を間違え、同じ傷を抱えていたセナとキースが、伝えたかった意味をちきんと理解出来た事で、前に進めるようになったのは良かったな。2021/05/15

ひぬ

18
前世での出来事により、引きこもりになってしまった主人公・セナ。「滅びろ」「爆ぜろ」という二つの属性不明の魔法しか使えない彼女の元に、王子・キースが訪ねてきます。彼の訪問によりセナは外へと連れ去られ、彼女の世界が広がる中、属性不明魔法の正体に迫ったりと、色々と盛られている一冊でした。割とテンポが速い感じでしたが読みやすかったですが、その分全体的に薄いと感じてしまったのが残念でした。謎もまだ多く残り、山場を一つ超えただけでまだこれからという印象でした。オカン属性なキースは面白かったです。2021/07/27

虚と紅羽

13
漫画一巻読了済み。 引きこもり女子高生が予定外の行動をとった結果、筋書きから外れて死亡。有無を言わさぬ勢いで謎な転生特典を渡され転生。転生した世界で成長。の、至って普通な異世界転生もの。 漫画の時も思ったけど、展開早くね?でもってキースの何に惹かれたのか全く分からん。ガルトとか、セナを追い返して何したかったの?世界観もあっさりでつまらん。何がヒットしてノベライズまで果たしたんだろ、これ…… ただ、マネンの街での出来事はやっぱり泣いちゃう。漫画版の方が涙を誘うけどね。2020/09/21

なみ

13
十八歳の誕生日に事故死し、異世界に転生したセナ。転生前と同様に、この世界でもひきこもっていたが──。 どの属性にも当てはまらないセナの魔法。強大な力を持ったドラゴン。魅力的な要素がもりもりです。 何より、王子であるキースのオカン属性がツボでした。2020/08/19

浮草

10
友達に発した言葉がうまく伝わらず引きこもった子が転生先で思いを昇華させる。タイトルや舞台は大きいけど、こぢんまりしたお話に感じる。2020/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16188451
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。