富士見L文庫<br> 真夜中のペンギン・バー

個数:
電子版価格 ¥477
  • 電書あり

富士見L文庫
真夜中のペンギン・バー

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年02月22日 03時53分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784040737751
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

●○● 5人の悩みがほどけたとき、全てが繋がる感動のラストが訪れる! ●○●

 風間佐和は落ち込んでいた。高校時代から仲が良く、片想いしていた青年と、急に連絡がつかなくなったのだ。体調が悪いの? 会いに行こうか。でも迷惑……?
 悩む彼女は初めてバーを訪れる。この店のマスターはなんとしゃべるダンディなペンギン!? 佐和は驚きつつも、チョコムースのような甘いカクテルと絶品おつまみに感動。さらにマスターからの特別な一杯とその由来に励まされ――。
 佐和と4人の思いが温かく解けるとき、全てが繋がる感動が訪れる。さぁ、小さな奇跡とかわいいペンギンが待つバーにようこそ。

内容説明

風間佐和は落ち込んでいた。高校時代から仲が良く、片想いしていた青年と、急に連絡がつかなくなったのだ。体調が悪いの?会いに行こうか。でも迷惑…?悩む彼女は初めてバーを訪れる。この店のマスターはなんとしゃべるダンディなペンギン!?佐和は驚きつつも、チョコムースのような甘いカクテルと絶品おつまみに感動。さらにマスターからの特別な一杯とその由来に励まされ―。佐和と4人の思いが温かく解けるとき、全てが繋がる感動が訪れる。さぁ、小さな奇跡とかわいいペンギンが待つバーにようこそ。書き下ろし。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おしゃべりメガネ

101
50手前のオッサンが手にするには、かなり勇気のいる装丁。しかも出版も富士見L文庫さん。そもそも手にしたキッカケはインスタで紹介されていたのが気になり、思いきってチャレンジしてみましたが、フツーに良かったです。きっと読む年代が20代だったなら、なおのこと感動もさらにアップするのかなと。とにかく余計な陰り、詮索なくまっすぐ、ピュアなキモチでイッキに読みきってしまうコトをオススメします。誰もが色んな悩みを抱えて、気がつけばドアを開け、カウンターに座ったその先にはちょっと不思議でステキなバーがあなたを歓迎します。2023/11/27

ぶんこ

52
ペンギンがマスターのバーは、悩める人だけが辿り着ける。渋い声のマスターが、たどたどしく歩いてお酒を取りに行ったり、カウンターに飛び乗る場面は、かわいい。親しい人だからこそ言えない話ってありますね。そんな話もペンギンバーでは言えてしまう。ある人を想って思い悩み、ペンギンさんや黒い鳥、ライオン、イルカ、キツネといったお客さんが一緒に聞いてくれて、翌日には前向きに考えられるようになっている。あまりに優しくて、責任感が強いが故に、口下手なこともあって、言いたいことが言えない彰人が、伝える大切さを知る。2022/12/11

hirune

45
可愛いペンギンが渋いおじさんボイスのバーのマスター…軽い話かと思ったら意外と重たい事情が絡んでた。ある共通の人との関係に悩む人たちがこのバーに迷い込み、不思議なマスターと見習い店員と客たちに後押しされ それぞれの答えを見つけていく。どうなっちゃうのか引き込まれて読みました。様々なカクテルを可愛い仕草で作ってくれるペンギンマスター、素敵でした♡2022/05/25

煮豆

31
悩めるものが行きつく不思議なバー『PENGUIN』その名のとおり蝶ネクタイをつけ、背筋をピンと伸ばしているヒゲペンギンがマスターのお店。今宵もマスターが 作る特別な一杯とカクテル言葉に込められた想いで悩めるお客さまの心を温かくほぐしていく。ペンギンのマスターに戸惑うも、背中を押してもらえる言葉を貰い一歩踏み出していくお客さまたち。連作短編集なのでもう少し先が知りたいと思いつつ読んでいくと、最後には全てが繋がり温かい気持ちにさせられた。ファンタジーは苦手だけれど、読んでよかった。2020/10/23

mariann

27
1話目を読んだ時。あれ?その彼はどうなった?との疑問が残り、2〜3話目を読んで、もしかして?そして最後を読んで、えっ⁈それも繋がってるのか〜!と最初に戻ってパラパラ楽しんだ。欲を言えばその彼の話はもう少し掘ってほしかったけど。ペンギンマスターの作るカクテルがどれも美味しそうで、特に馴染みの深いハイボールは飲んでみたいな。優しいお話でした。2022/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16187913
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。