富士見L文庫<br> 紅霞後宮物語〈第11幕〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

富士見L文庫
紅霞後宮物語〈第11幕〉

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年02月29日 07時43分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040736792
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

仙娥の懐妊が分かり、後宮は慌ただしい雰囲気に包まれる。そんな中、紅霞宮は小玉はじめ女官たちも謎の体調不良で療養地に赴くことに。しかし距離が離れている間、確実に小玉と文林の間の溝は深まっていき――。

内容説明

仙娥の懐妊が分かり、後宮は慌ただしい雰囲気に包まれる。その間「茹昭儀には手を出さない」と言っていたはずの文林から小玉への弁明はなかった。そんな中、紅霞宮では小玉と女官たちを謎の体調不良が襲っていた。療養のため都を出た小玉たちと入れ替わりに、徐麗丹が紅霞宮に泊まり込み原因究明に乗り出していた。犯人かと思われた仙娥だったが、確実な証拠は何もなく、歯がゆい時間だけが流れていく。しかし距離が離れている間、確実に小玉と文林の間の溝は深まっていき、ついには―。

著者等紹介

雪村花菜[ユキムラカナ]
2014年、第二回富士見ラノベ文芸大賞にて、応募作『生生流転』が金賞受賞。改題及び改稿した『紅霞後宮物語』で作家デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

78
最新刊!えええ…おいおいおい…な展開。仙娥懐妊の真実が最後まで分からなくてずっと気が気じゃなかった…久しぶり過ぎる小玉と文林の会話も、この話の流れどこに辿り着くの…と読み進めるのが怖かった。寛と康のお国事情、廃された皇后、嬉児など視点も世界観も広がってゆき、もう心配事がいっぱい。唯一の癒しの清喜もほぼ出番なし…泣 ていうか全ての諸悪の根源はやっぱり文林な気がして来た。諮られたにしたって護衛とかいないんかいどんな油断!?仙娥は怖いけど思考も行動もある意味後宮においてめちゃくちゃ真っ当な妃嬪ではないかと思う…2020/07/11

はなりん

39
視点がコロコロ変わるのと、隣国の話が結構ガッツリ入ってくるので、わかりにくい。隣国の話はいる?鳳の話とつながるのかもだけど、サラッとでいいような…。小玉の力や存在感が弱まってきて、なんだか寂しい。文林との関係もねぇ、なんだか今更な感じでモヤモヤが残る。現実はこんなものかも…だけど、誰一人幸せになる感じがしない。2021/10/02

よっち

36
仙娥の懐妊が分かり、慌ただしい雰囲気に包まれる後宮。そんな中、文林と小玉の想いはすれ違ったまま、紅霞宮は小玉はじめ女官たちも謎の体調不良で療養地に赴く第十一弾。何だかんだで深い絆で結ばれていたように思っていた小玉と文林のすれ違いは、小玉自身にもいろいろなものを突き付けて、周囲もまたいろいろ思うところがあったりで、挙句に真相がまた何ともあれでしたけど、外から見ていたらまた違ったように見えるのかもですね。思わぬ急展開でまたどうなるか、並行して描かれる康や寛の事情、鵬たち三人の様子も気になるところではあります。2020/06/13

よっしー

31
小玉が後宮を離れた結果、謎の体調不良も回復してそこは一安心です。とはいえ、大元の原因はまだはっきりはしていないですし、周辺諸国もまたゴタゴタを抱えていて…。文林と小玉が話を行い、和解っぽい流れとなったのは良かったのですが、懐妊騒ぎの展開がああも情けない物だったとは…。文林にとったら災難でもありますが、男としては大っぴらに出来ない展開でとありましたよね。そうこうしていたら、まさかの小玉が冷宮送りに…。もう、この話はどこに行くのでしょうか。2024/01/31

mariann

27
美しい表紙に悪役顔の妃がバーン!とあるのでここで全面対決かと思いきや次巻に持ち越し。この巻であっちこっちに置いてきてた様々な小話をまとめておきましょう。という感じ。寛の国はどんな感じで関係してくるんだろう。それに亡命中のその前皇后と鳳。小玉はようやく文林と向き合って話すことができ、やっとこれから…って時にこれですか!窮地に立たされても小玉、全然めげてないし、むしろどうやって悪女をやりこめてやろうかとやる気にみえる。子を作るなら今だと思うけどあの時代の40越えの初産は無理か… 愛が目減りする。なんか刺さった2022/04/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15867116
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。