富士見L文庫<br> ここは墨田区向島、お江戸博士の謎解き日和

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見L文庫
ここは墨田区向島、お江戸博士の謎解き日和

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月16日 07時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040736631
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

唯一の家族だった祖母を亡くした天涯孤独の大学生・祐里は、祖母の貸家に住む冴えない歴史ライター・桜介と出会う。二人は下町ならではの事件へ挑むが、一方で祐里は未だに祖母との喧嘩を悔やみきれずにいて――!?

内容説明

素朴で粋な町・墨田区向島。亡き祖母と共に暮らしたこの町で、女子大生・祐里は殺人事件に巻き込まれそうになっていた!?―というのは誤解で、祐里は祖母の貸家で行き倒れた住人・桜介を発見。歴史ライターだが仕事もなければ金もない。そこで桜介から、家賃代わりに手助けできる事は無いかと持ちかけられたのだ。祐里が思いだしたのは離れに置かれた形見の箱。その離れには“喋る幽霊”が現れるため、確かめられずにいた。“お江戸博士”こと桜介の知識と祐里の負けん気を頼みに、下町の謎に挑むが―!?

著者等紹介

相沢泉見[アイザワイズミ]
第2回富士見ノベル大賞・佳作受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

るぴん

31
母本。女子大生の祐里とフリーライターの桜介が、どこか江戸の面影が残る謎を解く日常の謎系ミステリー。舞台が下町ということもあるし、大家と店子の関係も含め、昭和の話のようだった。鼠小僧の話と祐里の祖母の形見の話は、どちらも亡くなった家族に対する愛情を感じてほろりとした。さらりと読めた1冊。2020/08/17

sugar&salt

6
桜介さんの知識がすごくて、鼠小僧とか着物とか江戸城のこととか勉強になった。でも子どもがいるのに所持金数十円だったり、19歳の祐里ちゃんに当たり前のように奢ってもらおうとしたり…ちょっとダメ過ぎる。2021/03/29

陽ちゃん

3
向島に祖母と一緒に住んでいる女子大生の祐里が、祖母が亡くなったため家主業を引き継ぎ家賃を取りに行ったところ…店子の桜介のあっけらかんぶりには驚きました。なぜか桜介に引っ張り回される祐里ですが、そのお陰で祖母を亡くした悲しみが癒えているのかも知れませんね。江戸時代のおもかげ、探しに行ってみたいです。今は無理ですが。2020/08/01

ぢぢぃ

1
粋にハイスペック2020/08/20

hotate_shiho

0
祐里は、亡くなった祖母の代わりに、家賃を集めに行くけど、いつも払ってくれない桜介さん。いつもお金はないけど、江戸について詳しくて、粋なことが好きな人。桜介さんの知識で、問題を解決していく。面白かったー。2020/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15673610

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。